ギター・スリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ギター・スリム
出生名 Eddie Lee Jones
生誕 1926年12月10日
出身地 米国ミシシッピ州グリーンウッド
死没 (1959-02-07) 1959年2月7日(満32歳没)
米国ニューヨーク州ニューヨーク
ジャンル ブルースR&B
職業 シンガーギタリスト
担当楽器 ギター
活動期間 1950年 - 1959年
レーベル インペリアル・レコード
J-Bレコード
スペシャルティ・レコード
アトコ・レコード
クラレンス・"ゲイトマウス"・ブラウン

ギター・スリム (Guitar Slim、1926年12月10日 - 1959年2月7日[1]) は、アメリカ合衆国ブルースR&Bギタリストシンガー1950年代ルイジアナ州ニューオーリンズのシーンから登場し、スペシャルティアトコにレコーディングを残した。彼の音楽をひと言で表現するならば、豪快という言葉が相応しい。プレイもさることながら、当時のステージもカラフルなスーツを着込み、ギターに長いコードをつないで練り歩くなど派手なものだったという[1]

来歴[編集]

ミシシッピ州グリーンウッド生まれ。出生名は、エディー・リー・ジョーンズ。1949年にニューオーリンズに移住しヒューイ・"ピアノ"・スミスと活動するようになった。

1951年インペリアル、続く1952年にJ-Bからレコードをリリースしたのち、1953年にスペシャルティと契約する。同年、彼の代表曲となった"Things That I Used to Do"をリリースするが、これがR&Bチャート第1位を記録するヒットとなった[2]。この曲は、後にスティーヴィー・レイ・ヴォーンも吹き込んでいる。同レーベルでは、スリムのアイドルだったクラレンス・"ゲイトマウス"・ブラウンの"Gatemouth Boogie"にヒントを得た自己紹介的内容の"Guitar Slim"、"Something to Remember You By"、"Suffering Mind"などの曲を含む8枚のシングルをリリースしした。

飲酒などが原因で徐々に体調を崩す。1956年にはアトコと契約、レコーディングを続けるものの、スペシャルティの頃の勢いは既に失われつつあった。

1958年までレコーディングを続け、1959年に公演先のニューヨークで肺炎のため32歳で死去した。彼の影響は、没後もバディ・ガイアール・キング、デューク・ロビラードなど数多くのプレイヤーに受け継がれている。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1964年 Things That I Used to Do (Specialty)
  • 1996年 Atco Sessions (Atlantic)

参考文献[編集]

  1. ^ a b Guitar Slim : AllMusic
  2. ^ Joel Whitburn's Top R&B Singles 1942-1988 (Record Research)