ギャグ満点

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ギャグ満点』(ギャグまんてん)は、1989年4月から1990年3月まで、月曜日25時00分〜25時30分にTBSで放送されていた公開バラエティ番組である。

後に2、3と続くが、タイトル以外に番組内容やキャストの関連性はない。

正式タイトルは『危険なRevue ギャグ満点』。

主なレギュラー[編集]

概要[編集]

お笑い第三世代の人気を受けて始まった公開番組。前任番組に当たる『お笑いベストヒット』と同じく、日比谷シャンテ内のTBSスタジオ(現在は映画館TOHOシネマズシャンテ」スクリーン3に改装された)にて収録されていた。

オープニングではメンバー全員で季節や話題に沿った曲に乗り踊りながら登場、エンディングではミスターちんとマリア茉莉が踊っているなど、正式タイトル通りエンタテイメント性も探っていたようであった。

内容は公開形式のショートコント集。出演者の一人がタイトルを言い、他の出演者でコントが進行する。他のウッチャンナンチャン番組と同様に、キャラクターが固定してシリーズ化した物もある。
その中のコントでレイザーラモンHGを先取りしたようなハードゲイキャラクターをデビット伊東が演じて居る物があり、人気を博す。決め台詞は「Hey!Men」。

後半は、出演者のフリートーク。その中でヒロミがデビット伊東より帰り車の中で「内村、シメましょうか?」といった話を持ちかけられたことがあると暴露した。どうやら、コントのやりとりでデビット側に不満があった模様である。このコーナーの進行は主に内村が行っていた。

以降番組は、「ギャグ満点2 注目座!」(出演…風見慎吾モロ師岡)「ギャグ満点3 きてれつ・オン・ステージ」「ギャグ満点 おさるの頭をかいてやる」(1991年4月~9月23日、出演…関根勤長峰由紀アナウンサー、小倉久寛ルー大柴ラッキィ池田山中伊知郎)が放送された。

エピソード[編集]

収録終わりで内村とヒロミは一緒にファミリーレストランに出かけることが多かったよう。このことを二人は「デート」と呼んでいた。

内村が、小坂明子の『あなた』の歌に合わせて踊る場面はチャップリン的な肉体派ギャグの片鱗をのぞかせる。

関連項目[編集]

TBS 月曜25時台前半
前番組 番組名 次番組
?
危険なRevue ギャグ満点
?