ギャリー・オニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ギャリー・オニール
基本情報
本名 ギャリー・オニール
通称 鳥人
階級 中量級(極真空手)
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
スタイル 極真空手
テンプレートを表示

ギャリー・オニールGary O'Neil)は、オーストラリア出身の空手家キックボクサー

来歴[編集]

1995年11月、極真会館松井派)、第6回オープントーナメント全世界空手道選手権大会4位。

1996年11月、極真会館(松井派)、第28回全日本空手道選手権大会に出場。準決勝で高久昌義を下し、外国人としてはハワード・コリンズ以来となる全日本大会決勝進出を果たすが、激闘の末、数見肇に判定で敗れた[1]

1997年11月、極真会館(松井派)、第29回全日本空手道選手権大会に出場。前回に引き続き決勝まで駒を進めるが、数見肇に下段廻し蹴り一本負けを喫した[2]

2002年1月11日、一撃旗揚げ戦で松本哉朗と一撃キックルールで対戦し、1Rに3度のダウンを奪われTKO負け。

「ギャリー・ステップ」[編集]

ギャリーは、「ギャリー・ステップ」と呼ばれる独特の足運び(フットワーク)で間合いを取りながら、華麗な蹴り技を駆使して戦う。この足運びは新極真会塚本徳臣や、極真館藤井脩祐にも影響を与え、塚本はギャリーと一緒に練習してそのステップを会得した。

戦績[編集]

キックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
1試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0
1 1 0 0


勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 松本哉朗 1R 2:19 TKO(3ノックダウン:跳び膝蹴り) 一撃 1.11 ICHIGEKI 2002年1月11日

脚注[編集]

  1. ^ 第28回 全日本空手道選手権大会 結果 国際空手道連盟 極真会館 公式サイト
  2. ^ 第29回 全日本空手道選手権大会 結果 国際空手道連盟 極真会館 公式サイト

関連項目[編集]