ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人
Gallowwalkers
監督 アンドリュー・ゴス
脚本 アンドリュー・ゴス
ジョアン・リエイ
製作 ジャック・ボウヤー
コートニー・ローレン・ペン
ブランドン・バローズ
製作総指揮 アレックス・アヴァント
ロジャー・アラン・グラッド
デヴィッド・シフ
ケン・ロス
出演者 ウェズリー・スナイプス
音楽 スティーヴン・ウォーベック
アンドリュー・グレン
撮影 ヘナー・ホフマン
編集 ルドルフ・ブテンダッハ
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 プレシディオ=エスピーオー
公開 日本の旗 2014年3月15日
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $17,000,000[1]
テンプレートを表示

ギャロウ・ウォーカー 煉獄の処刑人』(ギャロウ・ウォーカー れんごくのしょけいにん、原題:Gallowwalkers)は、2012年制作のアメリカ合衆国の映画

西部劇アクションとゾンビホラーを組み合わせた異色の作品。ウェズリー・スナイプスが脱税による2年4か月の刑務所生活を終えた後の復帰作[2]。PG-12指定。

あらすじ[編集]

西部開拓時代。孤高の凄腕ガンマン・アマンは、恋人の仇である悪党カンサとその手下たちに復讐を果たすが、自らも息絶える。

アマンの母親は彼を生き返らせるために神にすがるが、その際、神と恐ろしい契約を結んでしまう。それはアマンが生き返ると共に、アマンに殺された者たちがゾンビとして蘇り、さらに今後もアマンが殺す人間はみんなゾンビになって生き返る、というものであった。

彼に殺された悪党どもは、“ギャロウ・ウォーカー”と呼ばれる、首を引っこ抜くか、頭を破壊しない限り生き返るゾンビとして蘇り、彼への復讐を企てる。

かくして、蘇ったアマンと悪党どもとの間で、壮絶かつ果てしない復讐劇が繰り広げられる。

キャスト[編集]

  • アマン:ウェズリー・スナイプス(吹替:菅原正志
  • カンサ:ケヴィン・ハワース(吹替:堀内隼人)
  • ファビュラス:ライリー・スミス(吹替:山端零
  • エンジェル:タニット・フェニックス(吹替:大垣理香
  • キスカット:シモーナ・ブルリコワ(吹替:寺井沙織
  • アポロ・ジョーンズ牧師:スティーヴン・エルダー
  • ガザ保安官:パトリック・バーギン
  • スリップ・ノット:ジェイ・グラント
  • フール:ヘクター・ハンク
  • と畜場の少年:デヴィッド・デ・ビール
  • スエーニョ:アリッサ・プライダム
  • スカルバケット:ダイヤモンド・ダラス・ペイジ
  • モスカ:デリック・グリフィス
  • フォーティー・ボールド:アレックス・アヴァント
  • と畜場の女主人:ジェニー・ガゴ
  • トロイ:トミー・ファン・デア・ネスト

脚注[編集]

  1. ^ Best-horror-movies.com. Retrieved February 17, 2015.
  2. ^ Firstshowing.net, February 22, 2013