ギャロン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギャロン語
話される国 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
地域 四川省
話者数 8万3000人
言語系統
表記体系 チベット文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 jya
テンプレートを表示

ギャロン語チベット語: རྒྱལ་རོང (rGyal-rong)、中国語: 嘉绒语)はシナ・チベット語族チベット・ビルマ語派中のギャロン語群英語版に分類される。学者によってはチャン語という分類もある。四川省カンゼ・チベット族自治州アバ・チベット族チャン族自治州を中心に話者は広がる。ギャロン語を話す人々はチベット族とは区別される。

1950年代初期,中央民族学院に「ギャロン族研究班」が設けられ、ギャロン語を記録するために拼音を使用し、民間故事の記録を行った。1954年には「ギャロン」はチベット族とは区別されることとなったが、「ギャロン・チベット族」という名称は残っており、これはギャロン語がチベット語の分派であるということによるものである。

ギャロン語は非常に保守的な言語であり、チベット・ビルマ語派の「生きた化石」と言われている。これはシナ・チベット祖語の古い発音や語順が残っているためである。ギャロン語は上古漢語の発音と文法復元に大きな役割をはたしている。ギャロン語は以下東部方言、ツォブドゥン方言、ツォブ方言、ジャプン方言の四つの方言に分けられるが相互の方言同士は通じない。

ギャロン語の動詞形態は豊富であるが時制がない。また、動詞の人称や数は主語と述語で一致する。そのためチベット・ビルマ語族からギャロン語を外す学者もいる。チンポー語などには主語と述語間に人称による統一は見られないからである。しかし多くの学者はシナ・チベット語の古い可能動詞人称標記が中国語には見られるが,チベット語やビルマ語では消失しているため、シナ・チベット語族に特有のものとしてギャロン語の形を古形として認めている。

言語名別称[編集]

  • 嘉戎語
  • 嘉絨語
  • Jiarong
  • Gyarung
  • rGyarong
  • rGyal rong
  • Rgyarong
  • Chiarong
  • Gyarong
  • rGyarung
  • Jarong
  • rGyalrong Proper
  • Jyarung

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]