ギュウ農フェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ギュウ農フェス(ギュウのうフェス)は、ギュウゾウ電撃ネットワーク/とちぎ未来大使)が主宰する女性アイドルを中心とした音楽イベント。

概要[編集]

BiSをきっかけに女性アイドルにハマったギュウゾウが、2015年より自らアイドルイベントを開催。地元・栃木県を盛り上げるとともに、将来的には栃木県内でアイドルフェスを開催することを目標としてスタート[1]

2016年10月30日に当初の目標である栃木で「オリオンスクエア10周年記念事業 ギュウ農フェス in うつのみや」を開催、22,000人の来場者を集めた[2]

2017年2月には、「出演者全員カワイイ」をコンセプトにした「キラキラ☆ギュウ農フェス」を開催[3]。また、同年4月よりRADIO BERRY FM栃木でギュウ農フェス制作のラジオ番組「ギュウゾウと里咲りさのアイドル☆パンチ!」(2018年5月、「ギュウゾウとPinokkoの雷ヘッドライナー」にリニューアル)がスタート。番組関連イベントとして「開運!アイドル☆パンチナイト」(番組リニューアル後は「雷ヘッドライナーナイト」)も開催された。

2018年4月8日に新木場STUDIO COASTで行われた「ギュウ農フェス 春のSPロード to 栃木 2018」では、通常クラブイベント「ageHa」でのみ使用されるオクタゴンスピーカーをアイドルイベントとしては初めて使用(使用グループは校庭カメラガールドライライムベリーamiinAゆるめるモ!GANG PARADEMIGMA SHELTERCY8ERの7組)したことで話題となった[4]。2019年5月6日に開催された「ギュウ農フェス春のSP2019」でもオクタゴンスピーカーを使用した。

また、「春のSP」では、2018年・2019年と栃木県出身者によるアームレスリング大会を開催。同様にアームレスリング大会を開催しているTOKYO IDOL FESTIVAL(TIF)にギュウ農フェスが挑戦状を叩きつけ、2019年8月3日に開催される「TIF2019アームレスリング大会 powered by TOWER RECORD ザ・感謝祭」の決勝では、タワレコ・TIF連合軍vsギュウ農フェス選抜軍による5対5の団体戦が行われることが決定した[5]

イベント・出演者[編集]

2019年
公演日 公演名称 会場 出演 備考
2月10日 ギュウ農フェス春のSPプレイベント〜メインステージ争奪戦はもう始まってんだぞ!〜vol.1 大塚Hearts+ Devil ANTHEM.、めろん畑a go go、RHYMEBERRY、ZOMBIE POWDER、ラストクエスチョン、ギュウゾウ
3月10日 ギュウ農フェス春のSPプレイベント〜メインステージ争奪戦はもう始まってんだぞ!〜vol.2 大塚Hearts Next エレクトリックリボン、校庭カメラアクトレス、SAKA-SAMA、せのしすたぁ、絶対直球女子!プレイボールズ、たけやま3.5、Malcolm Mask McLaren、ReLIeF、ギュウゾウ
4月20日 ギュウ農フェス春のSPプレイベント〜メインステージ争奪戦はもう始まってんだぞ!〜vol.3 (第1部)絶対直球女子!プレイボールズ、PiiiiiiiN、QUEENS、ヲルタナティヴトキヲイキルわれらがプワプワプーワプワ
(第2部)2o Love to Sweet Bullet、爆裂女子 -BURST GIRL-、Aphrodite、ゑんら、終演後物販卍
4月21日 ギュウ農フェス春のSPプレイベント〜メインステージ争奪戦はもう始まってんだぞ!〜vol.4 (第1部)クマリデパート、神使轟く、激情の如く。、NaNoMoRaL.、戦国アニマル極楽浄土、nuance、avandoned
(第2部) 天晴れ!原宿、グーグールル、真っ白なキャンバス、SPARK SPEAKER、ZOMBIE POWDER
5月6日 ギュウ農フェス春のSP2019 新木場STUDIO COAST AIBECK、amiinA、Aphrodite、avandoned、BILLIE IDLE®、CYNHNCY8ER、DESURABBITS、DJ後藤まりこDevil ANTHEM、DREAMING MONSTER、EMPiRE、GANG PARADE、HAMIDASYSTEM、KING∞RAGE、kus kus、Lovin&S、Maison book girl、Malcom Mask McLaren、MIGMA SHELTER、NaNoMoRaL、NECRONOMIIDOL、NEO JAPONISM、nuance、ONEPIXCEL、PiiiiiiiN、QUEENS、raymay、ReLieF、RHYMEBERRY、READY TO KISS、SPARK SPEAKER、SAKA-SAMA、SAY-LA、Spindle、THE BANANA MONKEYS、tipTpe.、uijin、WEAR、WILL-O'、ZOMBIE POWDER、2o Love to Sweet Bullet、3776、アキシブProject、天晴れ!原宿、エレクトリックリボン、エレファンク庭、ゑんら、おとといフライデー、カイ、会心ノ一撃、ガールズq/b、クマリデパート、校庭カメラアクトレス、校庭カメラガールドライ、グーグールル、劇場版ゴキゲン帝国、桜エビ〜ず、里咲りさ、神使轟く、激情の如く。、じゅじゅ、絶対直球女子!プレイボールズ、せのしすたぁ、たけやま3.5、代代代、トキヲイキル、とちおとめ25、ナナランド、なんきんペッパー、二丁目の魁カミングアウト、爆裂女子-BURSTGIRL-、原田珠々華、パンダみっく、フィロソフィーのダンス、フェッティーズ、真っ白なキャンバス、幻.no、眉村ちあき、めろん畑a go go、ヤなことそっとミュート、ラストクエスチョン、るなっち☆ほし、ロッカジャポニカ、ワガママきいて??、我儘ラキア、脇田もなり、われらがプワプワプーワプワ、ヲルタナティヴ、桐谷まつり、乃木蛍、ギュウゾウ

ジャイアントキリングステージ:BABY BLUE EYES、Bury、Cosmic Frontiers、THE BANANA MONKEYS、WB、Wonder Lander、xoxo(Kiss&Hug) EXTREME、カード戦士EARNEST、さよならソリチュード、始発待ちアンダーグラウンド、ぷりんせす☆たいむ、めろん畑a go go、まッ、DJ後藤まりこ、KING∞RAGE、LEIWAN ex テロリズムン、Lion net girl、ZOMBIE POWDER、減色シアター、最高じぇねれーしょん、必殺エモモモモ!!、平成墓嵐、ラストクエスチョン、ワタシ、ムゲンダイ、MashMelody!

太字はオクタゴンスピーカー使用(ヤなことそっとミュートは当日変則的に使用が決定[10]
メインステージで「最強の栃木県出身アイドル決定アームレスリング大会」が行われ、高井千帆(ex.ロッカジャポニカ)が特別出演。優勝は大熊こころ(絶対直球女子!プレイボールズ)
5月12日 ギュウ農フェス春のSPアフターパーティー 渋谷WWW THE BANANA MONKEYS、校庭カメラアクトレス、amiinA、DESURABBITS、校庭カメラガールドライ、クマリデパート、Devil ANTHEM.、ヤなことそっとミュート
6月22日 第2回宇都宮タイフェスティバル+ギュウ農フェスmini オリオンスクエア(タイフェスティバル)・ヘブンズロック2/3(ギュウ農フェスmini) おやまだいすキッズ(オリオンスクエアのみ)、Lovin&S、tipToe.、ZOMBIE POWDER、幻.no、MIGMA SHELTER、雷都少女、ガールズq/b、めろん畑a go go、ラストクエスチョン、とちおとめ25、グーグールル、クマリデパート
8月31日 ギュウ農フェス 夏の大納涼祭 road to 2020 大塚Hearts+・大塚Hearts Next Hearts+:FAVO♡、ZOMBIE POWDER、ラストクエスチョン、めろん畑a go go、エレクトリックリボン、くぴぽ、buGG、THE BANANA MONKEYS、爆裂女子 -BURST GIRL-、NECRONOMIDOL、グーグールル
Hearts Next:Leo Wonder、いちごみるく色に染まりたい。、かんたんふ、カイ、開歌-かいか-、HAMIDASYSTEM、エレファンク庭、われらがプワプワプーワプワ、校庭カメラアクトレス、nuance、PiiiiiiiN
10月5日 ギュウ農フェス 秋のSP 爆音大収穫祭 road to 2020 新木場STUDIO COAST 3776、AIBECK、amiinA、Aphrodite、BiS、B.O.L.T、buGG、BYOB、CY8ER、CYNHN、DESURABBITS、D'yer Mak'er?、DJ後藤まりこ、Devil ANTHEM、EMOE、EMPiRE、FES☆TIVE、HAMIDASYSTEM、HelloYouth、KOTO、Leo-Wonder、Malcom Mask McLaren、MELLOW MELLOW、MIGMA SHELTER、NaNoMoRaL、NECRONOMIDOL、NILKLY、OUTSKIRTS、PiiiiiiiN、QUEENS、RAY、sora tob sakana、SPARK SPEAKER、sui sui、Task have Fun、THE BANANA MONKEYS、tipToe.、Very Very Red Berry、WEAR、ZOC、ZOMBIE POWDER、アップアップガールズ(2)、エレクトリックリボン、エレファンク庭、絵恋ちゃん、ゑんら、カイ、開歌-かいか-、かんたんふ、キミノマワリ。、くぴぽ、クマリデパート、校庭カメラアクトレス、里咲りさ、神使轟く、劇場の如く。、青春高校アイドル部、せのしすたぁ、戦国アニマル極楽浄土、洗脳ミーム、塚本舞、トキヲイキル、なんきんペッパー、爆裂女子-BURST GIRL-、フィロソフィーのダンス、毒島大蛇、放課後プリンセス、ex.平成墓嵐、まねきケチャ、幻.no、めろん畑a go go、ヤなことそっとミュート、ゆいざらす、ゆるめるモ!、ラストクエスチョン、ヲルタナティヴ、ギュウゾウ、春野うらら(注意喚起マスコットガール)
10月13日 ギュウ農フェス2019 後夜祭 渋谷WWW X GERU-C DIVISION:CANDY GO! GO!、てのひらえる、ワタシ、ムゲンダイ、143∽、ティーンズ・ヘブン、8princess、神風センセーション、Dan te Lion、不感症ヘビ苺、ZOMBIE POWDER
GYUNOU DIVISION:エレファンク庭、めろん畑a go go、NILKLY、nuance、クマリデパート、Lovin&S、われらがプワプワプーワプワ、Malcom Mask MacLaren、MIGMA SHELTER、BiS、グーグールル
台風19号の影響でタイムテーブルが大幅に変更

脚注[編集]

  1. ^ 電撃ネットワーク・ギュウゾウがついにアイドルフェスを主催! 渋谷発栃木行の『ギュウ農フェス』が熱かった!”. おたぽる. サイゾー (2015年3月7日). 2015年12月5日閲覧。
  2. ^ 来場者22,000人【ギュウ農フェス】SKE48/まねきケチャ/BiS/BELLRING少女ハートなど集結で「頑張っぺ! 栃木!」”. AERA dot. (2016年11月15日). 2018年5月12日閲覧。
  3. ^ 「キラキラ☆ギュウ農フェス」にまねきケチャ、オサカナ、ハコムス、ブクガら”. 音楽ナタリー (2017年2月8日). 2018年5月12日閲覧。
  4. ^ オクタゴン・スピーカーの最響サウンドに栃木最強アイドル決定戦!83組ものアイドルグループが集結【ギュウ農フェスレポート】”. EXweb (2018年4月18日). 2018年5月13日閲覧。
  5. ^ ギュウ農フェスから挑戦状!?【TIF2019アームレスリング大会・出演者発表! 】”. TOKYO IDOL FESTIVAL 2019 (2019年7月26日). 2019年7月30日閲覧。
  6. ^ 〈ギュウ農フェス Vol.7〉にモ!、ピオピ、おやホロ、エリボン フェス特番ドラマも放送”. OTOTOY (2015年9月4日). 2015年12月5日閲覧。
  7. ^ 【11/2開催・無料イベント】バニビ、callme、おやホロなど全19組出演のアイドルライブ開催決定&タイムテーブル発表”. ブブカウェブ. 白夜書房 (2015年10月29日). 2015年12月5日閲覧。
  8. ^ ギュウゾウの2018年7月27日のツイート2018年8月1日閲覧。
  9. ^ 09/21 原点回帰を掲げギュウ農が派生イベント『ギュウ農フェス クラシック』を開催。”. ギュウ農フェス (2018年8月28日). 2018年9月25日閲覧。
  10. ^ ヤなことそっとミュート [@YanakotoSM] (2019年5月6日). "【今日のヤナミュー】先程ギュウ農フェスのサウンドチェックしてきまして、オクタゴン変則的に使わせてもらう事にしました。ちょっと聴いたこと無いような音出ちゃってるので皆様是非!" (ツイート). Retrieved 2019年5月12日 – via Twitter.

関連項目[編集]