ギュンター・ノイロイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
ドイツの旗 ドイツ
男子 柔道
オリンピック
1976 モントリオール 重量級
1984 ロサンゼルス 95kg級
世界柔道選手権
1979 パリ 95kg級
1983 モスクワ 95kg級
1985 ソウル 95kg級

ギュンター・ノイロイター(Günter Neureuther 1955年8月6日 - )は、西ドイツバイエルン州シュタインガーデン出身の柔道選手。階級は95kg級。身長186cm[1]

人物[編集]

柔道は11歳の時にパイティングにあるクラブで始めた。1974年の世界ジュニア軽重量級で3位になった。1976年モントリオールオリンピックでは重量級に出場して決勝まで進むが、ソ連のセルゲイ・ノヴィコフ大外刈で破れるも銀メダルを獲得した。さらに無差別にも出場したものの、2回戦でイギリスのキース・レムフリーに効果で敗れるなどして7位に終わった[1]。その後、階級を95kg級にして、1979年にはヨーロッパ選手権で優勝を飾ると、世界選手権では3位となった。翌年の1980年モスクワオリンピックは西ドイツがボイコットしたために出場できなかった。1981年の世界選手権は5位だったが、1983年の世界選手権では再び3位となった。翌年のロサンゼルスオリンピックでは準決勝で韓国の河亨柱出足払で敗れたものの銅メダルを獲得した[1]。1985年の世界選手権では準決勝でまたも河に敗れたが3位になった。引退後はミュンヘンの警察で柔道の指導を行っていたが、現在はショーンガウで指導している。

主な戦績[編集]

脚注[編集]