ギュンター・ヨステン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギュンター・ヨステン
Günther Josten
生誕 1921年11月7日
Flag of Germany (3-2 aspect ratio).svg ヴァイマル共和国プロイセン州
ハム リューナーン
死没 2004年7月7日
Flag of Germany.svg ドイツ連邦共和国ニーダーザクセン州
アウリッヒ郡アウリッヒ
所属組織

Balkenkreuz.svg ドイツ国防軍空軍

Bundeswehr Kreuz.svg ドイツ連邦軍空軍
軍歴 1940–81
最終階級 中尉(国防軍)
大佐(連邦軍)
テンプレートを表示

ギュンター・ヨステン(ドイツ語: Günther Josten1921年11月7日 - 2004年7月7日)は、ドイツの軍人。最終階級は、ドイツ国防軍空軍では中尉、ドイツ連邦軍空軍では大佐。第二次世界大戦では総撃墜数178機を記録したエース・パイロットであり、その戦功から柏葉付騎士鉄十字章を受章した。

経歴[編集]

1921年11月7日、ギュンター・ヨステンは牧師をしていたヨハネス・ヨステンの次男として生まれた。ボーディングスクールであるポルテに入学するが、後にナポラとなりそこで教育を受けた。1940年1月にドイツ国防軍空軍へ入隊し、1941年11月1日からは本格的な戦闘に参加するようになった。1942年8月末、独ソ戦を担当していた第51戦闘航空団(JG51、メルダース)第3飛行中隊へ配属された彼は、1943年2月23日に初の戦果を上げた。7月10日には8~10機を撃墜し、その3日後にはソ連戦闘機Il-2を5機撃墜している。彼はその年の7月に19機、8月に30機の撃墜を記録した。翌月、彼はドイツ・フュルステンフェルトブルックドイツ語版に異動となり、再びJG51第3飛行中隊へ戻ってきたのは1944年2月3日のことであった。その2日後の2月5日アメリカ攻撃機A-20を2機撃墜した功績から騎士鉄十字章受章に至り、曹長へ昇進した。

1944年5月2日、総撃墜数が90機となったヨステンは少尉へ昇進した。7月20日、彼は総撃墜数100機を記録したが、これはドイツ空軍のパイロットの中で85人目のことである[1]9月18日、JG51第3飛行中隊中隊長に就任。10月26日までに総撃墜数が139機を数え、1945年2月16日には150機に達した。3月28日、中尉となった彼は柏葉付騎士鉄十字章を受章した。4月18日、JG51第IV飛行隊飛行隊長に就任。その後、4月25日に撃墜した7機が彼にとっての最後の記録となった。

ヨステンは第二次世界大戦を通して、総出撃回数420回、総撃墜数178機を記録。一度も自身が撃墜されることはなかった。また、彼には兄・ラインハルト・ヨステンがいたが、彼もまたJG51に所属していた。しかし、兄・ラインハルトは1942年4月21日に戦死している。

戦後ドイツ連邦軍に再入隊したヨステンは、エーリヒ・ハルトマンの跡を継ぎ、第71戦闘航空団(JG71)司令に就任した。1981年3月31日退役。

叙勲[編集]

注釈[編集]

  1. ^ According to Scherzer as pilot in the 1./Jagdgeschwader 51 "Mölders"[6]

脚注[編集]

  1. ^ Obermaier 1989, p. 243.
  2. ^ a b Thomas 1997, p. 333.
  3. ^ Obermaier 1989, p. 75.
  4. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 213.
  5. ^ Fellgiebel 2000, p. 246.
  6. ^ a b Scherzer 2007, p. 424.
  7. ^ Fellgiebel 2000, p. 101.

参考文献[編集]

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 – Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Josten, Günther (2011). Braatz, Kurt; Göpel, Wilhelm. eds (German). Gefechtsbericht – Kriegstagebücher 1939–1945. Kommodore in der Starfighter-Krise [Battle Report - War Diaries 1939-1945. Commodore in the Starfighter Crisis]. Moosburg, Germany: NeunundzwanzigSechs. ISBN 978-3-9811615-7-1. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Miltaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Thomas, Franz (1997) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 1: A–K [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 1: A–K]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2299-6.