ギョイチャイ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギョイチャイ県

Göyçay
ギョイチャイ県の位置
ギョイチャイ県の位置
アゼルバイジャン
県都 ギョイチャイ英語版
面積
 • 合計 736km2
人口
(2011年)[1]
 • 合計 111,400人
郵便番号
2300
電話番号 (+994) 20[2]
ウェブサイト www.goychay.az

ギョイチャイ県(Göyçay)はアゼルバイジャン中央部のアラン経済地区の県。 [3] 県都はギョイチャイ英語版

2011年の人口は11万1400人。

柘榴が特産品。県内を流れるギョイチャイ川が名前の由来である。ギョイチャイはアゼルバイジャン語で「青い川」を意味する。

地理[編集]

ギョイチャイは大コーカサス山脈シルヴァン英語版谷に位置する。南北25km、東西40kmに広がり、面積は736km2である。県都のギョイチャイは首都バクーから226km、ウジャル英語版駅から18km離れている。

北から時計回りに

に接する。 [1][4]

ボズナグ・カラマリャム山脈と平野から成る。 ギョイチャイ川とユカリ・シルヴァン川が建設資材の川石や軟砂、粘土をもたらす。 [1]

歴史[編集]

1859年シェマハ地震英語版によって多くの住民が西のギョイチャイに移動し村を作った。

1867年12月、ロシア帝国はギョイチャイをバクー県に編入した。

1930年8月8日、アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国がギョイチャイ県を設置した。 [5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Regionların inkişafı və Dövlət Proqramları Şöbəsi: Göyçay rayonu”. Regional Development and State Programmes Department. 2011年5月27日閲覧。
  2. ^ Şəhərlərarası telefon kodları”. Aztelekom MMC. Aztelekom İB. 2015年8月19日閲覧。 (アゼルバイジャン語)
  3. ^ GeoNames. Göyçay Rayonu”. GeoNames. 2011年5月27日閲覧。
  4. ^ Goychay Library System”. 2011年5月27日閲覧。
  5. ^ Administrative units. Göyçay rayonu”. 2011年5月27日閲覧。

座標: 北緯40度39分11秒 東経47度44分26秒 / 北緯40.6531度 東経47.7406度 / 40.6531; 47.7406