ギリギリHERO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ギリギリHERO
mihimaru GTシングル
収録アルバム mihimarise
B面 恋する気持ち -acoustic ver.-
BOW WOW SYSTEM GO
リリース 2008年4月30日
ジャンル J-POP
レーベル UNIVERSAL J
作詞・作曲 hirokomitsuyuki miyake
プロデュース tearbridge production
ゴールド等認定
チャート最高順位
mihimaru GT シングル 年表
diverge
2008年
ギリギリHERO
(2008年)
泣き夏
(mihimaru GT with SOFFet)
(2008年)
テンプレートを表示

ギリギリHERO』(-ヒーロー)は、mihimaru GTの17枚目のシングル。2008年4月30日発売。発売元は、ユニバーサルミュージック

解説[編集]

  • diverge」以来3か月ぶりとなるシングル。初回盤と通常盤の2仕様での発売。

収録曲[編集]

  1. ギリギリHERO
    柴咲コウ主演、2008年4月26日公開の映画「少林少女」の主題歌。
    女子ラクロス選手・山田幸代の公式応援ソングに起用された。
    ドラムのビートを利かせ、「気分上々↑↑」を彷彿とさせる曲。
    HEY!HEY!HEY!4月28日放送)やミュージックステーション5月2日放送)では、hirokoがシングルのオリジナルキャラクター(hiroko曰く「ギリコ」)に途中変身して歌った。逆に音楽戦士4月25日深夜放送)、MUSIC JAPAN5月1日深夜放送)、MUSIC FAIR 215月3日放送)では、コスチュームから普通の衣装に戻った。なおこのキャラクターは、初回盤のジャケットにも登場しているほか、ステッカー[1]クレーンゲームの景品用ぬいぐるみといったキャラクター商品が存在する。
  2. 恋する気持ち -acoustic ver.-
    • 作詞:Satomi and Rie / 作曲:Rie
    7thシングル「恋する気持ち/YES」の1曲目のアコースティックバージョン。ライブでのアレンジを元に製作したとのこと。キーが原曲より半音低い。
  3. BOW WOW SYSTEM GO
    • 作詞:hiroko and mitsuyuki miyake / 作曲:mitsuyuki miyake and hiroko
    中部エリア Honda Cars '08春キャンペーン タイアップ曲
    2番後の間奏では逆再生した歌声が使われている。
  4. ギリギリHERO [Instrumental]
  5. 恋する気持ち -acoustic ver.- [Instrumental]
  6. BOW WOW SYSTEM GO [Instrumental]

DVD(初回盤のみ)[編集]

  • ギリギリHERO -Video Clip-
    • ドラマ仕立てのPVには柳沢慎吾がギリギリヒーローとして出演しており、持ちネタの「ひとり警視庁24時」を披露するシーンもある。また、miyakeはコンビニの店員、hirokoはテレビのヒーローとして登場している。
    • このDVDには収録されていないが、映画『少林少女』の映像が使用されている別バージョンのPVもある(CSなどで放送)。
    • PVでは、コンビニ店員に扮したmiyakeが柳沢慎吾の「ひとり警視庁24時」を目の前で見て素でウケているところが見て取れる。
  • ギリギリHERO -Making-

収録アルバム[編集]

ギリギリHERO

BOW WOW SYSTEM GO

脚注[編集]