ギルバート・ホールズ (第3代クレア伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第3代クレア伯爵ギルバート・ホールズ英語: Gilbert Holles, 3rd Earl of Clare1633年4月24日1689年1月16日)は、イングランド貴族

生涯[編集]

第2代クレア伯爵ジョン・ホールズ英語版とエリザベス・ヴィアー(Elizabeth Vere、1623年 – 1683年12月、初代ティルベリーのヴィアー男爵ホレス・ヴィアー英語版の娘)の次男(長男ジョンは早世)として、1633年4月24日に生まれ、5月18日にハックニー英語版で洗礼を受けた[1]

1645年から1660年まで外国で過ごした後、1660年の仮議会ノッティンガムシャー選挙区英語版の代表として庶民院議員を務めた[2]。庶民院委員会に参加せず演説もしなかったが、野党の長老派と同様に投票したとされ、1661年イングランド総選挙では再選されなかった[2]。1666年1月2日に父が死去すると、クレア伯爵の爵位を継承[1]、以降は貴族院でカントリ派の一員として投票、1674年1月には国王チャールズ2世が弁論から撤退すべきと動議した[2]ジェームズ2世にも反対し、1688年11月には自由な議会を求める請願に署名した[2]

1660年8月から1674年頃までノッティンガムシャー副統監を務めた[2]

1689年1月16日にホルボーンで死去、長男ジョンが爵位を継承した[1]

家族[編集]

1655年7月9日、グレース・ピアポント(Grace Pierrepont、1702年7月没、ウィリアム・ピアポント英語版の娘)と結婚[1]、3男4女を儲けた[3]

  • エリザベス(1657年頃 – 1725年11月9日) - 1676年5月9日、初代バーナード男爵クリストファー・ヴェイン英語版と結婚、子供あり
  • ジョン(1662年 – 1711年) - 第4代クレア伯爵、後に初代ニューカッスル=アポン=タイン公爵に叙爵
  • ウィリアム - 早世
  • デンゼル(Denzell) - 生涯未婚
  • メアリー - ヒュー・ボスコーエン(Hugh Boscawen)と結婚
  • アン(Ann
  • グレース(1668年頃 – 1700年9月13日) - 1686年5月21日、初代ペラム男爵トマス・ペラムと結婚、子供あり

晩年は妻との関係がよくなく、妻が「朝から晩まで遊び道楽」と愚痴をこぼしたという[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (in English). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 248–249.
  2. ^ a b c d e f Helms, M. W.; Edwards, E. R. (1983). "HOLLES, Gilbert, Lord Houghton (1633-89), of Haughton, Notts. and Warwick House, Holborn, Mdx.". In Henning, B. D. The House of Commons 1660-1690 (in English). The History of Parliament Trust. Retrieved 11 August 2019.
  3. ^ "Clare, Earl of (E, 1624 - 1711)". Cracroft's Peerage (in English). Retrieved 11 August 2019.
イングランド議会 (en
先代:
ジョン・ハッチンソン英語版
庶民院議員(ノッティンガムシャー選挙区英語版選出)
1660年
同職:ウィリアム・ピアポント英語版
次代:
アンソニー・エア英語版
サー・ジャーヴァス・クリフトン準男爵英語版
イングランドの爵位
先代:
ジョン・ホールズ英語版
クレア伯爵
1666年 – 1689年
次代:
ジョン・ホールズ