ギレ・ベイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ギレ・ベイヤー
Gilles BEYER
Figure skating pictogram.svg
基本情報代表国 フランスの旗 フランス選手情報引退 1980年■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

ギレ・ベイヤーフランス語: Gilles Beyer)は、フランス出身のフィギュアスケート選手(男子シングル[1]。フィギュアスケートコーチ。1978年フランス選手権優勝。

フランス代表コーチに就任したが、2000年代前半に不正行為の調査対象となり、ベイヤーが若いスケーターに「深刻な行為」を繰り返していたことが判明、スポーツ省は2001年にベイヤーとのテクニカル・アドバイザー契約を打ち切った[2]。解任後もアイスホッケークラブ「Les Francais Volants」で仕事を続け、2018年までの数年間は、フランスアイススポーツ連盟(FFSG)の執行部メンバーも務めた[2]

2020年に、サラ・アビトボルが1990年から1992年までコーチのベイヤーから性的虐待を受けていたことを告発、ベイヤーは「不適切」で「親密な」関係があったことを認め、謝罪した[3]

妻はキャンディス・ディディエの振り付けやジェレミー・コロのコーチを務めたKatia Krier。

主な戦績[編集]

大会/年 1973-74 1974-75 1975-76 1976-77 1977-78 1979-80
世界選手権 22 19 15
欧州選手権 16 10 13
フランス選手権 3 2 2 3 1 3

脚注[編集]

  1. ^ THE SPORTS ORG
  2. ^ a b French prosecutors to investigate rape claim of ice skating championBBC, 4 February 2020
  3. ^ 仏フィギュア界の性的虐待問題、検察が捜査開始AFP, 2020年2月5日