ギンバイソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ギンバイソウ
Deinanthe Bifida.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Magnoliophyta
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: ミズキ目 Cornales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: ギンバイソウ属 Deinanthe
: ギンバイソウ D. bifida
学名
Deinanthe bifida
Maxim.
和名
ギンバイソウ(銀梅草)
品種
  • 本文参照

ギンバイソウ(銀梅草、学名:Deinanthe bifida)は、 アジサイ科[注 1]ギンバイソウ属の多年草。関東以西の本州、四国、九州の山地の樹陰に生える。白い5弁の花をウメに見立てて、この名がついた。[1]

特徴[編集]

高さは40cmから70cmになる。茎は直立し毛がある。また、枝は出さない。葉は対生し、長さは10cmから20cmで、幅が6cmから12cmの倒卵形になり、先端は2つに裂けている。7月から8月に茎の先へ集散花序を出し、10個から20個の白い花をつける。花は装飾花と両性花がある。装飾花は、がく片が2枚か3枚からなる。両性花は、がく片と花弁がそれぞれ5枚で、おしべがたくさんあり、めしべは1個からなる。[1]

品種[編集]

ギンバイソウには、以下の品種が知られている。

  • マルバギンバイソウ Deinanthe bifida Maxim. f. rotundifolia Satomi
  • ムラサキギンバイソウ Deinanthe bifida Maxim. f. violacea Hayashi

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 矢野 亮 『日本の野草 夏』 学習研究社〈フィールドベスト図鑑〉、1999年、P151。ISBN 4-05-401054-7。