ギ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
本来の表記は「媯州」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

媯州(ぎしゅう)は、中国にかつて存在した唐代から初にかけて、現在の河北省張家口市南部に設置された。

概要[編集]

624年武徳7年)、により高開道が滅ぼされると、涿郡懐戎県の地に北燕州が置かれた。634年貞観8年)、北燕州は媯州と改称された。702年長安2年)、懐戎県の県治を清夷軍城に移した。742年天宝元年)、媯州は媯川郡と改称された。758年乾元元年)、媯川郡は媯州の称にもどされた。媯州は河北道に属し、懐戎・媯川の2県を管轄した[1]

936年天福元年)、後晋の建国にあたって、媯州は燕雲十六州のひとつとして契丹に割譲された。

938年会同元年)、契丹により媯州は可汗州と改められた。清平軍が置かれた。可汗州は奉聖州に属し、懐来県を管轄した[2]

北宋では媯州は雲中府路に属すこととされている[3]が、その統治の実態はなかった。

1122年天輔6年)、が可汗州を奪った。翌年、可汗州は廃止された。1195年明昌6年)、懐来県は媯川県と改称され、徳興府に属した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 旧唐書』地理志二
  2. ^ 遼史』地理志五
  3. ^ 宋史』地理志六
  4. ^ 金史』地理志上