クアラルンプール駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クアラルンプール駅
駅舎
駅舎
Kuala Lumpur
所在地 マレーシアの旗クアラルンプールジャラン・スルタン・ヒシャムディン 50621
駅番号 KA02
所属事業者 マレーシア鉄道公社
駅コード 19000
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
開業年月日 1886年9月15日
乗入路線 3 路線
所属路線 ウエスト・コースト線
キロ程 387.5km(バターワース起点)
所属路線 1 スレンバン線マレー語版*
キロ程 ?km(バトゥ・ケーブス起点)
KC03 バンク・ネガラ (1.8km)
(1.0km) KLセントラル KA01
所属路線 2 ポート・クラン線マレー語版*
キロ程 ?km(タンジュン・マリム起点)
KA03 バンク・ネガラ (1.8km)
(1.0km) KLセントラル KA01
乗換 59 パサール・セニ駅(徒歩:約400m)
テンプレートを表示

クアラルンプール駅(クアラルンプールえき、マレー語: Stesen Kuala Lumpur)はマレーシアクアラルンプールにある、マレー鉄道である。

概要[編集]

1886年に開業した、クアラルンプール市内最古の駅。現在の駅舎は海峡植民地時代の1910年に建設された英国風建築様式で、観光名所の1つとなっている[1]。外観は都市計画や建物の多くと共に、リヴァプール市長の息子であった若手設計家アーサー・ベニソン・ヒューバック英語版によってミナレットドーム天井などのモスクの建築様式を基にした案が採用された。またタージ・マハルの影響も強い。

2001年KLセントラル駅が当駅の南方に開業するまでは、市内の中心駅であったが、以来その使命を終えクアラ・ルンプール発着の長距離列車(KTMインターシティ)は当駅を通過し、KLセントラル駅に停車するようになった。ただし、イースタン&オリエンタル・エクスプレスは当駅に停車し、KLセントラル駅は通過する。

しかし、2008年12月から運行開始された「イポー - KLシャトル・トレイン」が停車するほか、一部のKTMインターシティが停車するようになった。

このほか、KTMコミュータースレンバン線マレー語版ポート・クラン線マレー語版の電車が停車する。

ラピドKLパサール・スニ駅と、徒歩での乗り換えが案内されている。

歴史[編集]

駅構造[編集]

プラットホーム

相対式ホーム2面2線(1・4番ホーム)の間に島式ホーム1面2線(2・3番ホーム)を挟む、合計3面4線の地上駅である[2]地平駅舎は西側にあり1番ホームに面している。

地平駅舎の他にホーム北端付近に小規模な橋上駅舎があり、こちらからラピドKLパサール・スニ駅への連絡通路が設けられている。

駅舎の2階、3階部分は1910年以来ヘリテージ・ステーション・ホテル・クアラルンプールが入居しており現在も営業している。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

マレー鉄道
ウエスト・コースト線(KTMインターシティ)
KTM ETS
クポン・セントラル駅 - クアラルンプール駅 - KLセントラル駅
1 スレンバン線・2 ポート・クラン線(KTMコミューター)
バンク・ネガラ駅 (KA03) - クアラルンプール駅 (KA02) - KLセントラル駅 (KA01)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ことりっぷ 海外版 クアラルンプール マレーシア』昭文社、2017年、21頁。ISBN 978-4-398-15527-6。
  2. ^ 『世界の鉄道事情-アジア編-』(秋山芳弘著、吉井書店、1998年)p.99

関連項目[編集]