クイズ大作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クイズ大作戦
ジャンル クイズ番組/子供向け番組
出演者 黒柳徹子
坂本新兵
ミュージカルぼーいず
ドンキーカルテット
初代林家木久蔵(現:木久扇)
製作
制作 NET
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
1968年4月19日から1971年4月2日まで
放送期間 1968年4月19日 - 1971年4月2日
放送時間 金曜18:15 - 18:45
放送分 30分
1971年4月9日から同年9月24日まで
放送期間 1971年4月9日 - 同年9月24日
放送時間 金曜18:10 - 18:40
放送分 30分

クイズ大作戦』(クイズだいさくせん)は、1968年4月19日から1971年9月24日までNET(現:テレビ朝日)系列で放送された、子供向けのクイズ番組である。

提供スポンサーは東鳩製菓(現:東ハト)一社。

概要[編集]

1966年3月から放送された子供向けクイズ番組『まんが海賊クイズ』をリニューアルした番組。

中期までは3人1組(出場者は小学生)で構成された3チームが、ジェスチャーゲーム・カーレース風のクイズ・かくし芸などで得点を競う番組だったが、後期は5人1組で構成された「ヨレヨレ・チーム」と「メロメロ・チーム」の2チームが、黒柳徹子が出す「うそほんとクイズ」(○×クイズ)や、老魔女に扮した坂本新兵が出す「ウハウハクイズ」(トンチクイズ)などのクイズに挑戦する内容に変えた。なおどちらも、優勝チームには豪華賞品が貰え、出場者には「参加賞」として、スポンサーの東鳩製菓から東鳩のお菓子がプレゼントされた。

大人向けのクイズが主流だった時期、子供が毎週出られるというので、子供には人気が有り、3年半継続した人気番組となった。

放送時間[編集]

いずれも日本時間

出演者[編集]

司会
  • 黒柳徹子(『まんが海賊クイズ』から引き続き)
レギュラー
作・構成
  • 血脇啓寿

内容[編集]

  • うそほんとクイズでは、「ごはんをよく噛むと甘くなる」「しゃっくりが止まらないと死ぬことがある」というような「保健体育」か家庭科のような内容が多かった。
  • クイズやかくし芸の出来に応じ、「やりました賞」「がんばりま賞」などのコメントで点数が加算されていく採点方法だった。

備考[編集]

  • 番組内では、黒柳と坂本によるコント仕立ての東鳩製菓の生CMが有った。
  • 後期のセットは大木を模しており、画面向かって左が「ヨレヨレ・チーム」、同じく右が「メロメロ・チーム」となっていた。そして解答席は、セット上部(木の枝の上)に設けられていた。

補足[編集]

  • NETテレビの広報誌である「テレビ・メイト」(1969年8月号)にスチール写真が掲載されている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 当時、「たんたん竹馬 カラー竹馬」という遊具が流行っていた。
  2. ^ 落語を演るときは長靴を脱いで、座布団の横にきちんと揃えていた。
  3. ^ 同号「特集・あなたはクイズ人間か?」3ページ参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

NET 金曜18:15 - 18:45枠
前番組 番組名 次番組
クイズ大作戦
(1968.4.19 - 1971.4.6)
クイズ大作戦
(18:10 - 18:40)
【5分繰り上げ】
ANNニュース
(平日18:40 - 18:55)
NET系 金曜18:10 - 18:40枠
ANNこども世界ニュース
(平日18:07 - 18:12)
天気予報
(平日18:12 - 18:15)
クイズ大作戦
(18:15 - 18:45)
クイズ大作戦
(1972.4.2 - 9.24)
NET系 東鳩製菓一社提供
まんが海賊クイズ
クイズ大作戦
あつまれ!クイズショー