クイズ日本昔がおもしろい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クイズ日本昔がおもしろい
ジャンル クイズ番組
放送時間 木曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1988年4月7日 - 1991年3月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
出演者 愛川欽也
逸見政孝
ほか
ナレーター 宮内鎮雄
桝井論平
テンプレートを表示

クイズ日本昔がおもしろい』(クイズにっぽんむかしがおもしろい)は、1988年4月7日から1991年3月28日までTBS系列局で放送されていたTBS製作のクイズ番組である。サンスターの一社提供。放送時間は毎週木曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

概要[編集]

日本の歴史を題材にした様々なクイズを出題。後期には日本各地の風土もクイズの題材にしていた。最終回では、「終わり」と「尾張」を掛けて「名古屋」をテーマにしていた。

出演者[編集]

司会[編集]

レギュラー解答者[編集]

愛川時代[編集]

逸見時代[編集]

ナレーター[編集]

クイズの進行[編集]

愛川時代[編集]

愛川時代前期には、2人1組のチーム×4組が筆記問題に挑戦。解答者は問題に対する自信の有無に応じ、得点が2倍になる「ゴールドカード」の解答フリップを1枚だけ使うことができた。

後期には100点分割方式の得点方法になり、正解者数で均等分割された[要説明]。ただし、最終問題は100点のままで倍にはならなかった。このルールは、逸見時代にも引き続き採用されていた。

逸見時代[編集]

愛川時代後期のベースフォーマットを受け継ぎながらも完全リニューアルした。具体的なテコ入れとしては、最初の「○×ごあいさつ」や最終問題における得点の倍加算などがあった。スタジオセットも赤色を基調とする格子のものになり、デザインも愛川時代のものと比べて華やかになった。

レギュラー解答者4人+ゲスト解答者1人の計5人による個人戦で進行。得点は、愛川時代後期と同じく100点を正解者数に応じて分割する方式。加算方法は、1人だけが正解ならば100点、2人正解で50点、3人では33点…となる。最終問題は200点からの分割となる(1時間の特番では300点になる時もあった)。ただし、まれに逸見時代に限り、解答根拠や解答の微妙な違いで、分割ウェイトを変えていた事(例えば2人正解でも微妙に違いがあった場合には、より近い方に60点、そしてもう1人に40点)もあった。

1問目には「○×ごあいさつ」として○×問題が1問出題され、正解で得点を分割獲得することができた。ただし、初期は正解者の人数に関わらず一律20点だった。なお、『新装開店スペシャル』の際に数問出題され、この際に10点の加点であった。この時、愛川時代には無かった「シンキングタイム」というコールや、出題後にCMへ入る時の「シンキングタイム&コマーシャル」というコールを使い始めた。逸見は、問題の解答を問題出題中に2回言ってしまい、その問題がボツとなるハプニングがあった。このため、代わりに同点決勝問題が使われた。

逸見が初回の『新装開店スペシャル』の際、「正解でも根拠がトンチンカンであった場合は得点を引きますから。私は愛川欽也さんではありません」と言っていたが、解答判定は甘かったという指摘もされている[誰によって?]。森口博子が珍回答をした場合、説明も良く分からなかった場合は逸見は「ハイ、ご苦労さん!」と言って次の回答者の方に行ってしまうのがお約束となっていた。他にも、逸見はシンキングタイム前の解答者からの質問に答えられない場合には「ひみーつ!!」と言っていた。

逸見時代には、『クイズ 日本昔がおもしろい〜全国縦断!!秋の特大号〜』などのタイトルで1時間の期首特番を組んでいた。また、同じくTBSで放送の期首特番『クイズまるごと大集合』に、逸見自身が解答者や出題者として参加していた。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間 遅れ 備考
関東広域圏 東京放送(TBS) TBS系列 木曜 19時30分 - 20時00分 同時ネット 製作局
現・TBSテレビ
北海道 北海道放送(HBC)
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY) 1989年10月開局からネット開始
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT) 1990年10月開局からネット開始
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 現・CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(tys)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)
愛媛県 南海放送(RNB) 日本テレビ系列 日曜 12時00分 - 12時30分 3日遅れ

備考[編集]

TBS系列 木曜19:30枠
(本番組からサンスター一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
来来!キョンシーズ
(1988年1月21日 - 1988年3月24日)
クイズ日本昔がおもしろい
(1988年4月7日 - 1991年3月28日)
仰天!くらべるトラベル
(1991年4月11日 - 1991年9月26日)