クウェンヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クウェンヤ
創案者 J・R・R・トールキン
設定と使用 アルダファンタジー世界
話者数 不明、上のエルフの間で使われた。
目的による分類
人工言語
創作言語
共通エルダール語
  • クウェンヤ
表記体系 テングワールキアス
参考言語による分類 フィンランド語ラテン語ギリシア語を参考にしたと思われる。
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 art
ISO 639-3 qya
クウェンヤのテキスト、テングワールラテン文字による表記
テンプレートを表示

クウェンヤQuenya)は、J・R・R・トールキン中つ国を舞台とした作品の中で、エルフが話す言語の一つである。共通エルダール語と呼ばれる初期の言語から、ヴァリノールに達したエルフ(かれらは、しばしば「上のエルフ」と呼ばれる)の間で発展した言語である。エルフの三王家のうち、ノルドールおよびヴァンヤールは、多少の差異はあるものの相互に理解できるクウェンヤの方言を話した。この言語はヴァラールも採用し、かれら固有の言語からいくらかの新しい要素を導入した。第三王家たるテレリは異なっているが密接に関連づけられた言語であるテレリ語を使った。、

概要[編集]

クウェンヤの最も著しい特徴は高度な膠着語であるということで、単語は文法的な機能を示すために(通常接尾辞によって)規則変化する。例えば、英語の一つの文全体と同じ意味を持つ一つのクウェンヤ単語というのはありふれたことである。「かれらはそれを見たことがある」をクウェンヤでは一つの単語(すなわちEcénientes)で言うことができる。

フィクションの外部の観点としては、同じく膠着語であるフィンランド語の影響を受けている。音韻論も、フィンランド語に、またそれより少ないがイタリア語やスペイン語をもとにしている。すなわち、連続する子音を音節の最初や最後に置くことができない(一つの例外は双数与格の語尾―nt)。もう一つの規則は、単語が舌頂音で終わらないということである。

トールキンは生前公表したより多くのクウェンヤおよびかれの他の言語に関する資料を書いていた。Vinyar Tengwar 誌および Parma Eldalamberon 誌はトールキンの言語の書類の編集および公表に献身している。 初期のトールキンの著述(『中つ国の歴史』 The History of Middle-earth を参照)では、この言語はQenyaと呼ばれていて、『指輪物語』および『シルマリルの物語』で見られる形式になる前に、文法および語彙の両方で無数の修正をへた。

クウェンヤはSFとファンタジーの作家によって導入された多数の人工言語のうちの一つで、他の例にはクリンゴン語ニュースピーク(新語法、『1984年』)、ナッドサット(『時計じかけのオレンジ』)およびLapine(うさぎ語、『ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち』)がある。

歴史[編集]

中つ国での使用禁止[編集]

ヴァリノールに暗闇が訪れた後中つ国に逃れたノルドールは、お互いの間でクウェンヤを使った。しかしながら、ドリアスのシンダールの王シンゴルは、ノルドールによるテレリの殺害について知ると、かれの国民とノルドールによるクウェンヤの使用を禁止し、シンダール語のみで意思を伝え合うように強いた。このためノルドールもシンダール語を日常の言葉とし、クウェンヤはノルドールの公子たちだけに話された。しかし伝承の言葉としては廃れることはなかった。

第三紀[編集]

中つ国の第三紀(『指輪物語』の時代)には、クウェンヤは公式な名前と著作にだけ使われるようになっていた。これは中世ヨーロッパでのラテン語の使用法に近い。公式な言語として、および書き言葉として使用されると想定されていて、シンダール語はすべてのエルフが話し言葉としていた。しかしながら、ノルドールはまだ覚えていて、価値あるものとして扱っていて、フロドの挨拶、エレン シーラ ルーメン オメンティエルヴォ elen síla lúmenn' omentielvo(「われらのあい出会う時一つ星が輝く」『旅の仲間』上第3章)に対する態度からそれを知ることができる。言語が流謫を経て発展し続け、伝承の言語としての調整を行ったので、流謫のノルドールのクウェンヤは多少ヴァリノールのクウェンヤと異なっていた。発音にもいくらかの変更があった。

音韻論[編集]

母音[編集]

クウェンヤは音声と同じように長さで弁別される10の基本母音を持つ。

  • a : [a]
  • á : [ɑː]
  • e : [ɛ]
  • é : [eː]
  • i : [i]
  • í : [iː]
  • o : [ɔ]
  • ó : [oː]
  • u : [u]
  • ú : [uː]

子音[編集]

子音のほとんどは、特に以下のものに関して相当に確実である。

  • h : ときどき [x]
  • qu : [kʷ]
  • nw : [nʷ]
  • ng : [ŋ]
  • ngw : [ŋʷ]
  • hy : [ç]
  • hw : [ʍ]
  • ty : [c]
  • ly : [ʎ]
  • ny : [ɲ]

数字[編集]

クウェンヤ数字は、十二進法を採用しており、数列が右から左に進むのが特徴である。通常は左が大きい桁で「百四十四の位|十二の位|一の位」の順に進むのに対して、クウェンヤ数字は左が小さい桁で「一の位|十二の位|百四十四の位」の順に進む。

クウェンヤ数字(零から十二まで)
十進英数字 十二進英数字 クウェンヤ数字 クウェンヤ数詞
0 0 ð -
1 1 ñ min
2 2 ò atta
3 3 ó neldë
4 4 ô canta
5 5 õ lempë
6 6 ö enquë
7 7 ÷ otso
8 8 ø toldo
9 9 ù nertë
10 A ú quain
11 B û minquë
12 10 ðñ rasta
クウェンヤ数字(十三から二十四まで)
十進英数字 十二進英数字 クウェンヤ数字 クウェンヤ数詞
13 11 ññ min rasta
14 12 òñ atta rasta
15 13 óñ neldë rasta
16 14 ôñ canta rasta
17 15 õñ lempë rasta
18 16 öñ enquë rasta
19 17 ֖ otso rasta
20 18 øñ toldo rasta
21 19 ùñ nertë rasta
22 1A úñ quain rasta
23 1B ûñ minquë rasta
24 20 ðò yurasta
クウェンヤ数字(百三十二までの十二の倍数)
十進英数字 十二進英数字 クウェンヤ数字 クウェンヤ数詞
12 10 ðñ rasta
24 20 ðò yurasta
36 30 ðó nelerasta
48 40 ðô canarasta
60 50 ðõ leperasta
72 60 ðö enerasta
84 70 ð÷ otorasta
96 80 ðø tolorasta
108 90 ðù neterasta
120 A0 ðú quairasta
132 B0 ðû minquairasta
クウェンヤ数字(十二の冪数)
十進英数字 十二進英数字 クウェンヤ数字 クウェンヤ数詞
12 10 ðñ rasta
144 100 ððñ tuxa
1728 1000 ðððñ mencë
20736 10000 ððððñ rastamencë
クウェンヤ数字(表記例)
十進英数字 十二進英数字 クウェンヤ数字 クウェンヤ数詞
50 42 òô atta canarasta
90 76 ö÷ enquë otorasta
333 239 ùóò nertë nelerasta yutuxa
1080 760 ðö÷ enerasta ototuxa
8848 5154 ôõñõ canta leperasta tuxa lepemmencë

参考文献[編集]

  • J・R・R・トールキン; Ruth S. Noel (1980年). " The Languages of Tolkien's Middle Earth ". Mariner Books. ISBN 978-0395291306.