クシシュトフ・グウォヴァツキ対オレクサンドル・ウシク戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポルサット・ボクシング・ナイト
クシシュトフ・グウォヴァツキ 対 アレクサンデル・ウシク戦
開催日 2016年9月16日
認定王座 WBO世界クルーザー級タイトルマッチ
開催地 ポーランドグダニスク
会場 エルゴ・アリーナ
リングアナ ジミー・レノン・ジュニア
放送局 ポーランド・ポルサット・スポーツ(ペイ・パー・ビュー)
主催 アンドリュー・ワシレウスキー&ピオトール・ウェーネール(ノックアウト・プロモーションズ)
トマッシュ・バビロンスキー(バビロン・プロモーションズ)
ルー・ディベイラ(ディベイラ・エンターテイメント(メインのみ提供))
レオン・マグダレス(ウォリアーズ・ボクシング(メインのみ提供))
トム・ローファー(K2プロモーションズ(メインのみ提供))
アレクサンデル・クラスユク(K2プロモーションズ・ウクライナ(メインのみ提供))

クシシュトフ・グウォヴァツキ 対 オレクサンドル・ウシク
Główka(頭) The Cat (猫)
比較データ
30歳 年齢 29歳
西ポモージェ県ヴァウチュ英語版 出身地 シンフェロポリ
26戦 26勝 (16KO) 無敗 戦績 9戦 9勝 (9KO) 無敗
6 フィート 0 インチ (182.9 cm) 身長 6 フィート 3 インチ (190.5 cm)
巧派のスタイルからフックのコンビネーション、左右フック 特徴 高度な的中率を誇る左フック、ボディアッパーからのフックのコンビネーション
フィオドル・ラピン 指導者 ジェームス・アリ・バシール
WBO世界クルーザー級王者 評価 ロンドンオリンピックヘビー級金メダリスト
WBOインターコンチネンタルクルーザー級王者

結果 ウシクの12回判定勝ち
主審 ロバート・バード
副審 フェレンク・ブダイ
アダライディ・バード
ミッキー・バン

クシシュトフ・グウォヴァツキ 対 オレクサンドル・ウシク戦(クシシュトフ・グウォヴァツキ たい オレクサンドル・ウシクせん)は、2016年9月16日にポーランドグダニスクエルゴ・アリーナで開催されたプロボクシングの試合。マルコ・フックを破り一躍クルーザー級最強王者になったグウォヴァツキのホームに凱旋しての2度目の防衛戦。フックやスティーブ・カニンガムの王者や元クラス最強王者を退けてきたが今回もWBO世界クルーザー級1位でWBOインターコンチネンタルクルーザー級王者のウシクを迎えて対戦。一方のウシクは今回の試合が初のアウェーでの試合。2012年ロンドンオリンピックで金メダルを獲得した実績を誇り、叩き上げといえるアマチュア選手生活を送ってプロに転向した。試合は強打の技巧と強打の選手の対決になったが結局デビューからの連続KOが止まったがウシクが王座を獲得する結果になった。イベント名は「ポルサット・ボクシング・ナイト」。この試合はポーランド・ポルサット・スポーツがペイ・パー・ビュー放送した(海外はパナマのRPCチャンネル4が海外で唯一の衛星生中継)。

試合成立まで[編集]

2016年4月23日、WBOがWBO世界クルーザー王者クシシュトフ・グウォヴァツキとWBOインターコンチネンタルクルーザー級王者オレクサンドル・ウシクとの間で指名試合を行うよう指令した[1]

その後入札間際になったがウシク陣営のK2プロモーションズとグウォヴァツキ陣営のウォリアーズ・ボクシングが再交渉して合意に取り付けた。

対戦カード[編集]

階級 契約 vs. 結果 ラウンド 時間 Notes
クルーザー級 200 lbs. ウクライナの旗 オレクサンドル・ウシク ポーランドの旗 クシシュトフ・グウォヴァツキ (c) 判定3-0 12R Note 1
スーパーウェルター級 154 lbs. ポーランドの旗 エマ・ピアコウスワ アメリカ合衆国の旗 アレクサンドラ・マグドジアク・ロペス 判定3-0 10回 - Note 2
スーパーウェルター級 154 lbs. ポーランドの旗 パトリック・スジーマンスキー アルゼンチンの旗 ホセ・アントニオ・ヴィラモルベス 判定2-1 10R Note 3
ヘビー級 200 lbs+. ポーランドの旗 アンジェイ・ワルジク ポーランドの旗 アルベルト・ソスノウスキー TKO 10R 1:57
クルーザー級 200 lbs. ポーランドの旗 マイケル・シエスラク ルーマニアの旗 ギウリアン・リリー TKO 2R 2:45
ライトヘビー級 175 lbs. ポーランドの旗 パウェル・ステフィアン ポーランドの旗 ノルベルト・ダブロウスキー 判定3-0 8R

^Note 1 WBO世界クルーザー級タイトルマッチ
^Note 2 WBC女子世界スーパーウェルター級王座決定戦
^Note 3 WBC世界スーパーウェルター級ユース王座決定戦

脚注[編集]

  1. ^ WBO orders Krzysztof Glowacki-Oleksandr Usyk cruiserweight title bout”. ESPN.com (2016年4月23日). 2016年4月28日閲覧。