クジラ料理を伝える会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クジラ料理を伝える会(くじらりょうりをつたえるかい)は、日本におけるクジラにまつわる食文化伝統を伝え広めようと、日本国内のクジラ料理を扱う飲食店が加盟してできた団体

概要[編集]

古くから日本各地には、オバケ(尾びれ)からサエズリ(舌)など体のあらゆる部分を使ったクジラ料理が生まれ、調理法をふくめた鯨の食文化が長いあいだにわたって伝えられてきた。「クジラ料理を伝える会」は、このような食文化を、誇るべき日本の文化として継承・普及するため結成された。

2010年3月時点の会長は大西睦子。

関連項目[編集]