クチグロマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
  • クチグロマス(口黒鱒)とはサクラマスの別称。
  • クチグロマス(口黒鱒)とは、田沢湖に、玉川のpH1.1の強酸水が流れ込むまで生息していた。現在は絶滅している。固有種と考えられるが、ヒメマスクニマスなどの種との雑種と考えられることもある。詳しい資料が乏しく、あまりよくわかっていない。