クニガミサンショウヅル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
クニガミサンショウヅル
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: イラクサ目 Urticales
: イラクサ科 Urticaceae
: ウワバミソウ属 Elatostema
: クニガミサンショウヅル
E. suzukii
学名
Elatostema suzukii Yamazaki
和名
クニガミサンショウヅル

クニガミサンショウヅル(国頭山椒蔓、Elatostema suzukii)は、イラクサ科ウワバミソウ属の多年草

概要[編集]

日本沖縄県沖縄島固有種。沖縄島北部森林地帯(やんばる)の河川沿いや湿気の多い場所に生育する。

多年草で、茎は直立し、長さ6〜12cm、基部は匍匐する。は互生で、長さ3〜3.5cmで、長楕円形、葉縁に鈍鋸歯をもち、裏面は白身を帯びる。単性花で、直径4〜6mm、色は白色。また、雄花頭状花序雌花は集散花序である。

ダム等の建設や森林伐採により生育環境が減少している。

保護上の位置づけ[編集]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.png

生育地である下記の地方公共団体が作成したレッドデータブックにも掲載されている。

参考文献[編集]

  • 沖縄県文化環境部自然保護課編 『改訂・沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(菌類編・植物編)-レッドデータおきなわ-』、2006年。
  • 環境省自然環境局野生生物課編 『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物植物I』 財団法人自然環境研究センター、2000年。
  • 多和田真淳監修・池原直樹著 『沖縄植物野外活用図鑑 第6巻 山地の植物』 新星図書出版、1979年。