クマン語 (チュルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クマン語 Cuman
民族 クマン人
消滅時期 1770年(István Varróの死による)
言語系統
チュルク語族
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 qwm
テンプレートを表示

クマン語 (Cuman, Kuman) は、クマン人キプチャク人によって話されたチュルク系言語である。現存するキプチャク語群の言語に近縁である。コーデクス・クマニクス英語版などの中世の書物に記録されており、中央・東ヨーロッパにおいて豊富な文字記録を遺している言語である。ジョチ・ウルスにおけるリンガ・フランカとなった[1]

参考[編集]

  • Güner, Galip (2013), Kıpçak Türkçesi Grameri, Kesit Press, İstanbul.
  • Mustafa Argunşah, Galip Güner (2015), Codex Cumanicus, Kesit Yayınları, İstanbul.

脚注[編集]