クライスラー・セブリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

セブリング (SEBRING) は、クライスラーが製造・販売していた自動車である。

歴代モデル[編集]

初代 (1995-2000年)[編集]

セブリング
クーペ
95-96 Chrysler Sebring coupe.jpg
コンバーチブル
96-98 Chrysler Sebring convertible.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メキシコの旗 メキシコ
販売期間 1995-2000年
乗車定員 5人
ボディタイプ 2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル
エンジン クーペ:
2.0L I4
2.5L V6
コンバーチブル:
2.4L I4
2.5L V6
駆動方式 FF
変速機 4AT
5MT
全長 クーペ:4,760-4,850mm
コンバーチブル:4,890-4,900mm
全幅 クーペ:1,770mm
コンバーチブル:1,780mm
全高 クーペ:1,295-1,345mm
コンバーチブル:1,390mm
ホイールベース クーペ:2,635mm
コンバーチブル:2,690mm
先代 クライスラー・レバロン
-自動車のスペック表-

クーペ[編集]

1995年にクライスラー・レバロンの後継車として発売された。7代目の三菱・ギャランをベースにして生産される。

イーグルブランドで販売されるタロン(≒三菱・エクリプス)とはステアリングコンポーネンツやダッシュボード、サスペンションなどを共有している。

ダッジブランドではダッジ・アベンジャーとして販売され、このモデルはアベンジャーよりもサスペンションがソフトに設定された。そのため、アベンジャーよりも快適性が勝っている。

5人乗りで、室内空間はクーペの中では広く、またトランクの容量は同クラスと同程度であった。

エンジンは三菱自動車製の6G73型 V型6気筒 2.5Lエンジンと、自社製の420A型 直列4気筒 2Lエンジンが搭載され、41TE 4速オートマチックトランスミッションと5速マニュアルトランスミッションが組み合わせられた。

1997年モデルからは、フロントグリルのデザインが変更された。

コンバーチブル[編集]

1996年クライスラー・レバロンのコンバーチブルモデルの後継車として発売された。名前こそ同じであるが、セブリングクーペとは車体などを共有しない別の車であった。

エンジンは三菱自動車製の6G73型 V型6気筒 2.5Lエンジンと、自社製のEDZ型 直列4気筒 2.4Lエンジンが搭載され、41TE 4速オートマチックトランスミッションが組み合わせられた。

また、クライスラー車では珍しく、ダッジブランドやプリムスブランドでの販売はされなかった。

1998年、新グレード、「Limited」を追加。さらに、同年モデルから、フロントグリルのデザインが変更された。


2代目 (2001-2006年)[編集]

セブリング
セダン
2001-2003 Chrysler Sebring.jpg
クーペ
04-05 Chrysler Sebring coupe.jpg
コンバーチブル
04-06 Chrysler Sebring convertible.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売期間 2001-2006年
乗車定員 5人
ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル
エンジン セダン&コンバーチブル:
2.4L I4
2.7L V6
クーペ:
2.4L I4
3.0L V6
駆動方式 FF
変速機 4AT
5MT
全長 セダン:4,845mm
クーペ:4,830-4,875mm
コンバーチブル:4,920mm
全幅 セダン:1,795-1,825mm
クーペ:1,775-1,785mm
コンバーチブル:1,765-1,805mm
全高 セダン:1,395mm
クーペ:1,365-1,370mm
コンバーチブル:1,395-1,400mm
ホイールベース セダン:2,745mm
クーペ:2,635mm
コンバーチブル:2,690mm
姉妹車 ダッジ・ストラトス
別名 クライスラー・シーラス
-自動車のスペック表-

2001年に発売。プラットフォームは3代目三菱・エクリプス(8代目ギャランの改良型の物を使用)と共通のものを利用した。また、ダッジブランドではストラタスクーペとして販売された。なお、ストラタスクーペは先代モデルの別ブランド車、アベンジャーの後継車である。

先代のクーペと同様に、ダッジのモデルよりもソフトに調整され、ダッジのモデルの方がスポーティーなモデルであった。

エンジンは、三菱自動車製の6G72型 V型6気筒 3Lエンジンと、同社製の4G64型 直列4気筒 2.4Lエンジンを搭載し、F4A42およびF4A51 4速オートマチックトランスミッションと、5速マニュアルトランスミッションが組み合わせられた。

2004年には、セダン・コンバーチブルモデル同様にフェイスリフトが行われ、フロントグリルなどが変更された。

2005年には生産が終了され、後継車は、2008年に発売されるセブリングコンバーチブルのハードトップモデルとなった。


3代目 (2007–2010年)[編集]

セブリング
セダン
07 Chrysler Sebring Sedan.jpg
コンバーチブル
08 Chrysler Sebring convertible 1.jpg
製造国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
販売期間 2007–2010年
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
2ドアコンバーチブル
エンジン 2.0/2.4L I4
2.7/3.5L V6
駆動方式 FF
4WD
変速機 4AT
6AT
全長 セダン:4,841mm
コンバーチブル:4,923mm
全幅 セダン:1,808mm
コンバーチブル:1,816mm
全高 セダン:1,499mm
コンバーチブル:1,486mm
ホイールベース 2,765mm
後継 クライスラー・200
-自動車のスペック表-

デザインは、コンセプトカーであるクライスラー・エアフライトに基づきクライスラー・JSプラットフォームをベースに開発され、2007年にセダンが発売。

また、クライスラーで初めて、情報エンターテイメントシステムの「MyGiG」が採用された。

生産はミシガン州スターリングハイツで行われ、82%の部品がアメリカ国内で製造される。

2007年にはロサンゼルス国際オートショーでコンバーチブルモデルが発表され、2008年モデルから発売された。ソフトトップに加えて、新たに電動ハードトップモデルが追加された。なお、コンバーチブルのルーフは、カルマンによって製造された。

エンジンは、アメリカ仕様はGEMAによって設計された直列4気筒 2.4Lエンジンと、自社製のEER型 V型6気筒 2.7Lエンジン、EGJ型 V型6気筒 3.5Lエンジンが搭載され、40TSおよび41TES 4速オートマチックトランスミッションが組み合わせられた。さらに3.5Lエンジンには62TE 6速オートマチックトランスミッションがオプション設定された。

また、セダンモデルの輸出仕様車の中には、フォルクスワーゲン製の2L コモンレールディーゼルターボエンジンとGEMAの2Lエンジンを搭載するモデルも存在する。

ダッジアベンジャーは兄弟車である。

2011年モデルからは、外装を一部変更した上でクライスラー・200として販売されるようになったため、「セブリング」の名は幕を閉じた。


関連項目[編集]