クラウス・リーゼンフーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クラウス・リーゼンフーバー(Klaus Riesenhuber, 1938年 - )は、ドイツ出身の哲学者思想史研究者。ローマ・カトリック司祭イエズス会士。上智大学文学部哲学科名誉教授、同大学中世思想研究所 元 所長。1991年から1999年まで放送大学客員講師も務めた。

人物[編集]

1938年、ドイツのフランクフルトの名門家庭に生まれる。ザンクト・ゲオルゲン哲学・神学大学 (Philosophisch-Theologische Hochschule Sankt Georgen) で哲学を学ぶが、1958年にイエズス会に入会し中退。その後ベルヒマンスコレール大学にて哲学修士、1967年ミュンヘン大学にて哲学博士号を取得し、同年に来日した。日本では上智大学で神学博士号を取得。

日本語は話すが、著述はもっぱらドイツ語で行い、主として明星大学准教授村井則夫の翻訳を介して著作を発表している。『中世思想原典集成』の編者として日本におけるヨーロッパ中世思想の紹介に大きな貢献をなした。

専門は西洋中世の哲学・神学、初期ドイツ観念論現象学。また、上智大学内での指導をするなど、日本文化キリスト教の融合を図る。

兄はドイツキリスト教民主同盟所属のドイツ連邦議会議員であり、研究技術大臣もつとめたハインツ・リーゼンフーバー (Heinz Riesenhuber) で、「私は頭が悪いから政治家になったが、弟(クラウス)はずば抜けて頭が良かったので神に仕えることになった」と語っている。

主要著作[編集]

  • 『中世思想史』平凡社ライブラリー(放送大学のための教科書を書き直したもの)
  • 『西洋古代・中世哲学史』平凡社ライブラリー
  • 『超越に貫かれた人間』創文社

共著[編集]

  • 「思索における出会い」『形而上学の可能性を求めて──山本信の哲学』工作舎, 2012 ISBN 978-4-87502-447-7

関連項目[編集]