イギリス鉄道390形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
イギリス鉄道390形電車
「ペンドリーノ」
バーミンガム・ニューストリート駅に停車する390形
基本情報
運用者 ヴァージン・トレインズ
製造所 アルストムフィアット
製造年 2001年 - 2012年
製造数 53編成
運用開始 2002年7月23日
投入先 西海岸本線
主要諸元
編成 9両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 交流2.5kV
最高運転速度 200 km/h
設計最高速度 225 km/h
車両定員 1等車145名、2等車294名
編成重量 466 t
長さ 24.1 m
2.73 m[1]
車体 アルミニウム合金製
編成出力 5,100 kW
制御方式 VVVFインバータ制御
制動装置 回生ブレーキ
保安装置 AWSETCS
テンプレートを表示
普通車の室内

390形(British Rail Class 390)は、イギリスヴァージン・トレインズ西海岸本線向けに導入した高速列車用の電車である。ペンドリーノ(Pendolino)の1シリーズとして、フィアット強制車体傾斜機構を搭載している。

概要[編集]

2001年から2004年にかけて、9両編成53本がバーミンガムにあるアルストムのWashwood Heath工場により製造された。53編成それぞれに愛称が命名されている。

設計最高速度は225km/h (140mph) で、イギリス国内用の電車としては最速の1つである。営業最高速度は信号システムの関係により200km/h (125mph) に制限されている[2]

1970年代のイギリス国鉄が西海岸本線の高速化を目的に車体傾斜式車両「APT」の試験を行い、1980年代には370形「APT-P」により試験的営業運転も行われたが、コストや運用面の問題からAPTは開発中止され、車体傾斜機構はイタリアのフィアットに売却された[2]。フィアットはこの機構を改良してペンドリーノとしてイタリア国内外に展開、この390形にも採用されている[2]

傾斜制御装置はTASS(Tilt Authorisation and Speed Supervision)を使用し、最大傾斜角は8度となる。 

飛行機などにも装備されているブラックボックスが設置してある。

運用[編集]

2002年7月23日、西海岸本線で営業運転を開始した[3]

390形と221形「ボイジャー」の故障時の救援用、また390形の非電化線区への乗り入れ用として、両車両と同じ連結器を装備した57形ディーゼル機関車(57/3形)が配備されている[2]。この機関車は救助用であることから、テレビ番組に由来して「サンダーバード」と呼ばれ[4]、同作品に関わりのある登場人物等の名前が各機に命名されている。

2006年9月、ペンドリーノ編成で西海岸本線のグラスゴー-ユーストン駅間646km(401マイル)で所要時間3時間55分の新記録が達成された。国鉄時代の1981年に370形「APT-P」で4時間14分の記録が出ている。

事故[編集]

2007年2月23日、西海岸本線を走行中の第33編成「シティ・オブ・グラスゴー」(390033編成)がイングランド北西部カンブリア州のグレイリッグ付近で脱線し、築堤から転落する事故が発生した[5][2]。この事故で乗客1人が死亡、乗客28人と運転士1人、他の乗務員1人の30人が重傷、乗客59人が軽傷を負った[5]

脱線した390033編成は後に廃車となっている。事故原因は分岐器の動作不良によるものと判断された[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ Class 390 - Virgin Trains West Coast Angel Trains
  2. ^ a b c d e Class 390 Pendolino Tilting Trains Railway Technology
  3. ^ Red Revolution Rail Magazine、2014年11月17日
  4. ^ National Rescue Rail Engineer、2013年8月28日
  5. ^ a b c Derailment at Grayrigg GOV.UK、2014年12月10日
  6. ^ Rail crash report blames points BBCニュース、2007年2月26日

関連項目[編集]