クラックスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラックスマン
Owner Mr A E Oppenheimer.svg
アンソニー・オッペンハイマーの勝負服
欧字表記 Cracksman
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2014年4月9日(5歳)
Frankel
Rhadegunda
母の父 Pivotal
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 Hascombe And Valiant Studs
馬主 A.E.Oppenheimer
調教師 ジョン・ゴスデンイギリス
競走成績
生涯成績 11戦8勝
 
勝ち鞍
GI チャンピオンステークス 2017年・2018年
GI ガネー賞 2018年
GI コロネーションカップ 2018年
テンプレートを表示

クラックスマン:Cracksman)は、イギリス競走馬。主な勝ち鞍に2017年チャンピオンステークス2018年ガネー賞コロネーションカップ、チャンピオンステークスがある。

フランケルの初年度産駒の一頭である。

戦績[編集]

2歳(2016年)[編集]

2016年10月19日、ニューマーケット競馬場の未勝利戦をハヴリン騎手を背にデビュー、59.5キロを背負いながらも初勝利を挙げる。

3歳(2017年)[編集]

2017年4月26日、エプソム競馬場インヴェスティックダービートライアルで始動。1番人気に応え2連勝してダービーステークスに駒を進めるが、本番ではウイングオブイーグルスの3着に敗れる。続くアイリッシュダービーではカプリの2着となる。

その後、8月23日ヨーク競馬場のグレートヴォルティジュールステークスを制して[1]重賞初勝利を飾ると、フランスに遠征し9月10日のニエル賞でも2着馬に3馬身半差をつけ快勝し凱旋門賞の有力候補になるものの、凱旋門賞は回避することになる[2]。そして、10月21日のチャンピオンステークスでは道中4番手に位置すると直線で力強く抜け出し、ポエッツワードに7馬身差をつけてG1初制覇を挙げた[3]。この勝利が評価されて当年のカルティエ賞最優秀3歳牡馬を受賞している。

4歳(2018年)[編集]

2018年4月29日のガネー賞で始動。2番手追走から抜け出すと、逃げたレンズデイに4馬身差をつけて圧勝した[4]。続くコロネーションカップでは、直線の下り坂を気にしてエンジンがかからなかったが、平坦になると伸び、逃げ粘っていた伏兵のサルウィンをアタマ差交わして勝利した[5]。6月20日のプリンスオブウェールズステークスでは直線で早めに抜け出すも、後方から追い上げてきたポエッツワードに差し切られ2着に敗れる[6]。その後はキングジョージインターナショナルステークスへの出走を視野に入れていたがいずれも馬場が合わない理由で回避、そして引退レースとなった10月20日のチャンピオンステークスでは初めてブリンカーをつけ、好位追走から直線で抜け出すとクリスタルオーシャンに6馬身差をつけて圧勝して同競走2連覇を達成、有終の美を飾った[7]。引退後はダルハムホールスタッドで種牡馬入りした。

血統表[編集]

クラックスマン血統 (血統表の出典)
父系 サドラーズウェルズ系

Frankel
2008
父の父
Galileo
1998
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea Miswaki
Allegretta
父の母
Kind
2001
Danehill Danzig
Razyana
Rainbow Lake Rainbow Quest
Rockfest

Rhadegunda
2005
Pivotal
1993
Polar Falcon Nureyev
Marie d'Argonne
Fearless Revival Cozzene
Stufida
母の母
St Radegund
1994
Green Desert Danzig
Foreign Courier
On the House Be My Guest
Lora


脚注[編集]

  1. ^ クラックスマンがG2グレートヴォルティジュールSを圧勝、凱旋門賞に参戦も JRA-VAN 2017年8月24日配信 2018年5月6日閲覧
  2. ^ クラックスマンがニエル賞を快勝、凱旋門賞は回避濃厚か JRA-VAN 2017年9月11日配信 2018年5月6日閲覧
  3. ^ 【英チャンピオンS】クラックスマンがGI初制覇 サンケイスポーツ 2017年10月22日配信 2018年5月6日閲覧
  4. ^ 【仏GI】クラックスマン、ガネー賞4馬身差V! サンケイスポーツ 2018年5月1日配信 2018年5月6日閲覧
  5. ^ Cracksman Rallies Late to Prevail in Coronation Cup” (英語). BloodHorse.com. 2018年6月5日閲覧。
  6. ^ 【英・プリンスオブウェールズS】クラックスマン敗れる!ポエッツワードがついにG1初勝利netkeiba.com、2018年6月21日公開 2018年10月21日閲覧
  7. ^ 【英チャンピオンS】クラックスマン有終V飾る、6馬身差圧勝スポーツニッポン、2018年10月21日閲覧