クラドセラケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラドセラケ
Early Shark.jpg
クラドセラケ Cladoselache (想像図)
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
約3億7000万年前
古生代デボン紀後期〈ファメニアン期〉)
分類
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
: 軟骨魚綱

Chomdrichthyes

亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: クラドセラキ目 Cladoselachiformes
: 未分類
: クラドセラケ属
Cladoselache
 Dean, 1894
シノニム
Cladodus
Monocladodus
  • クラドセラケ・クラルキイ(クラークアイ)
    C. clarkii
  • クラドセラケ・エレガンス
    C. elegans
  • クラドセラケ・フィレリ(フュレリ)
    C. fyleri Dean, 1894
  • クラドセラケ・ケプレリ
    C. kepleri
  • クラドセラケ・マグニフィクス
    C. magnificus
  • クラドセラケ・ミラビリス
    C. mirabilis
  • クラドセラケ・ネウマニ
    C. newmani
  • クラドセラケ・パッテルソニ
    C. pattersoni

クラドセラケ (Cladoselache) は、約3億7000万年前(古生代デボン紀後期)の海に生息していた軟骨魚類[1]クラドセラキ[2]クラドセラキー[3]と表記されることもある。学名は「分かれた歯をもつサメ」[4]を意味する。

クラドセラケは、最古のサメとして長らく扱われていた。しかし、全体化石が発見されたことにより、それまで分類不詳であったドリオドゥス(Doliodus problematicus)が、約4億900万年前の最古のサメと判明している[5]

特徴[編集]

全長約1.8メートル。現生のサメの多くと異なり、口は体の下側ではなく先端に位置している。の構造に現生種のような頑丈さは見られない。脊椎尾鰭・胸鰭の構造、流線形の体形などから高速の遊泳が特徴であったことは明らかで、デボン紀の海で素早く泳ぎ回る捕食者として生きていたものと考えられる。

2015年には沖縄美ら島財団総合研究センターの冨田武照が胸鰭の標本 CMNH 8114 を研究し、クラドセラケの胸鰭の付け根にある骨の間に隙間が存在していることが判明した。後部に隙間が存在することで可動性が高まり大きな推進力を得ていたと推測され、高い運動能力を持っていたとされている[6]

また、クラドセラケの標本数は豊富で数百に上るが、雄の生殖器の化石は発見されていない。雄と雌が異なる水域で生息しており化石として産出しているのは全て雌であるという説、雄に生殖器は存在せず体内受精ではなく体外受精で繁殖していたという説などが挙げられているが、結論は出ていない[7]

生態[編集]

小魚コノドントや硬いのない無脊椎動物など[8]を食べていた。一方で、ダンクルオステウスなどの大型の板皮類に捕食されていたと考えられている[9]

デボン紀の生物の想像図
(一番上がクラドセラケ

脚注[編集]

  1. ^ 土屋健 『カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史』 講談社2017年、143頁。ISBN 978-4-06-502018-0。
  2. ^ 中谷一宏、『サメのおちんちんはふたつ ふしぎなサメの世界』、築地書館、2003年、p15-18 ではクラドセラキと書かれている。
  3. ^ 渡辺可久、『海のさかな』、岩崎書店、1996年、ISBN 4-265-02905-1、p36,沖山宗雄 他、『ニューワイド学研の図鑑・魚』、学習研究社、2000年、148などではクラドセラキーと書かれている。
  4. ^ 平野弘道 他、『小学館の図鑑NEO 大むかしの生物』、小学館、2004年、p51
  5. ^ MILLER R. F., TURNER S., CLOUTIER R., "The oldest articulated chondrichthyan from the Early Devonian period", Nature, 2003, 425, 6957, 501-504
  6. ^ 文藝春秋『海洋生命5億年史 サメ帝国の逆襲』p80 - 81,土屋健 著(2018年)
  7. ^ 文藝春秋『海洋生命5億年史 サメ帝国の逆襲』p82,土屋健 著(2018年)
  8. ^ Victor.G.Spuringer,Joy.P.Gold、『サメ・ウォッチング』、平凡社、1992年、p39 および平野弘道 他、『小学館の図鑑NEO 大むかしの生物』、小学館、2004年、p51
  9. ^ Victor.G.Spuringer,Joy.P.Gold、『サメ・ウォッチング』、平凡社、1992年、p40

関連項目[編集]

日本語による[編集]

外国語による[編集]