クラフツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Crufts
From Hall 1 (417531878).jpg
設立年 1891年
種類 ドッグショー
本部 イングランド、バーミンガム
位置
  • イギリス
公用語 英語
ウェブサイト www.crufts.org.uk

クラフツ(英語:Crufts)とは、イギリスで毎年開催される国際的なのイベントである。犬種標準に最も近いかを競うドッグショーがメインであるが、犬用品やサービスの見本市、犬の障害物競走アジリティフライボールなどのイベントが行われる。

歴史[編集]

名前は犬用ビスケットを販売していた大会創設者チャールズ・クラフト(en)にちなむ。彼は、1886年に57クラス600エントリーのファースト・グレート・テリアショーを開催した[1][2]。最初にクラフツ("Crufts"—"Cruft's Greatest Dog Show")と名前の付いた大会は、1891年にイズリントンの王立農業会館で行われた。そこではすべての犬種が参加するように招待された最初の大会となり、約2,000匹の犬と2,500のエントリーがあった[3][4][5]

第一次世界大戦によって、1918年~1920年の開催は行われなかった[2]。1938年にチャールズが亡くなったあとも、4年間はチャールズの妻によって続けられたが年老いた個人の力では将来的に続けられないと判断し、1942年にザ・ケネルクラブに売却された[5][2]

1936年の記念すべき50周年(ゴールデン・ジュビリー)大会"The Jubilee Show"には、80犬種、10,650エントリーの大会となった[2]。しかし、その後第二次世界大戦で再び中止された[5][1]。したがって、1948年のロンドン展示場オリンピアでのショーがザ・ケネルクラブによる始めてのショーであった[2]。1950年にはBBCによって初めて放映された。

出典[編集]

関連項目[編集]

  • 犬の種類ドッグタイプ英語版
  • キャットショー英語版
  • 犬たちの悲鳴~ブリーディングが引き起こす遺伝病~英語版 - BBC製作の誇張された身体的特徴・遺伝的な異常を持つ犬種は病気を引き起こすことを特集したドキュメント番組。こういった犬種標準を目指す大会によって遺伝病を招くのは虐待ではないか?という批判もある。