クラリティスカイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラリティスカイ
Clarity-Sky Satsuki-Sho 2015.jpg
2015年皐月賞
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2012年3月7日
登録日 2014年5月29日[1]
抹消日 2018年8月31日[2]
クロフネ
タイキクラリティ
母の父 スペシャルウィーク
生国 日本の旗 日本北海道新冠町
生産 パカパカファーム
馬主 杉山忠国
調教師 友道康夫栗東
斎藤誠美浦[3]
競走成績
生涯成績 27戦3勝
獲得賞金 2億982万3000円
 
勝ち鞍
GI NHKマイルカップ 2015年
重賞 いちょうステークス 2014年
テンプレートを表示

クラリティスカイ(Clarity Sky)は、日本の競走馬[4]。2015年のNHKマイルカップに優勝した。

出自[編集]

クラリティスカイは2012年に北海道新冠町にあるパカパカファームで生まれたサラブレッドである[4]

1996年にアメリカ合衆国生まれの外国産馬タイキフォーチュンが、創設初年度のNHKマイルカップを勝った。この競走は、中央競馬では初めて、最初から外国産の3歳馬が春に出走できるGI競走として創設されたものだったが、実際にその初年度からタイキフォーチュンが優勝したことで、タイキフォーチュンの父、母、姉妹が続々と日本に輸入されることになった。クラリティスカイの祖母タイキダイヤもそうやって日本へ輸入された牝馬で、タイキフォーチュンの半妹にあたる。タイキダイヤはアメリカ生まれの外国産馬として1999年にクリスタルカップを勝った。さらに、半弟のタイキリオンも日本に輸入され、2002年にニュージーランドトロフィーに勝っており、3歳春の短距離戦で実績を残してきた母系である。[5][6][7][8]

いずれもアメリカ産の外国産馬という扱いだが、生産者は日本の大樹ファームがアメリカで開設した現地法人のタイキファーム (Taiki Farm)である。[6][7][8]

父はクロフネである[4]

戦績[編集]

2014年に、新設重賞のいちょうステークスをレコード勝ちしたあと[5]阪神競馬場朝日杯フューチュリティステークスに出走して3着になった[5]。翌年、皐月賞では人気がなかったが、途中から先頭を奪って逃げ、5着になった[5]日本ダービーは相手関係から無理とあきらめ、NHKマイルカップに出走した[5]

この競走ではこれといった本命馬がおらず、1番人気(4.3倍)から5番人気(7.2倍)までが差がなく並ぶ倍率になった[9]。クラリティスカイは先行集団の内側に入り、直線でも容易に進路が開いて抜け出し、1馬身差をつけて優勝した[9]。騎手の横山典弘はゴール後のコメントで「道中、かかってしまってしんどかったけど、最後はよく頑張ってくれた」と述べた[9]。皐月賞出走馬がNHKマイルカップを制するのは20回目の開催にして初めてのことだった[9]。父のクロフネは2001年にこの競走を勝っており父子制覇となったほか、前述のとおり母系もこの競走に縁があるファミリーで、「血統のつながりを感じさせる結果[9]」となった[9]

その後は勝利を挙げることなく、2018年8月25日のBSN賞10着を最後に現役を引退。引退後は馬事公苑にて乗馬となる予定。

競走成績[編集]

競走日 競馬場 競走名 距離(馬場)


オッズ
(人気)
着順 タイム
(上り3F)
着差 騎手 斤量 1着馬(2着馬)
2014.07.05 中京 2歳新馬 芝1400m(稍) 15 2 3 012.40(4人) 04着 R1:23.6(36.1) -0.6 川須栄彦 54kg ドルメロ
0000.07.13 中京 2歳未勝利 芝1600m(良) 11 7 9 003.50(3人) 02着 R1:38.9(35.0) -0.2 戸崎圭太 54kg カシノハリウッド
0000.09.27 阪神 2歳未勝利 芝1800m(良) 18 7 15 004.10(2人) 01着 R1:46.8(34.0) -0.3 岩田康誠 54kg トーセンビクトリー
0000.10.11 東京 いちょうS 重賞 芝1800m(良) 12 5 6 008.10(4人) 01着 R1:33.5(34.0) -0.3 横山典弘 55kg (ネオルミエール)
0000.12.21 阪神 朝日杯FS GI 芝1600m(稍) 18 7 14 005.30(3人) 03着 R1:36.1(35.9) -0.2 岩田康誠 55kg ダノンプラチナ
2015.03.08 中山 弥生賞 GII 芝2000m(稍) 11 7 9 009.60(5人) 06着 R2:02.6(36.8) -0.8 横山典弘 56kg サトノクラウン
0000.04.19 中山 皐月賞 GI 芝2000m(良) 15 8 14 052.1(10人) 05着 R1:58.9(35.4) -0.7 横山典弘 57kg ドゥラメンテ
0000.05.10 東京 NHKマイルC GI 芝1600m(良) 18 4 7 006.40(3人) 01着 R1:33.5(33.9) -0.2 横山典弘 57kg アルビアーノ
0000.10.24 東京 富士S GIII 芝1600m(良) 16 3 6 012.90(6人) 15着 R1:33.7(34.5) -1.0 横山典弘 57kg ダノンプラチナ
0000.11.22 京都 マイルCS GI 芝1600m(良) 18 8 18 083.5(14人) 12着 R1:33.6(34.5) -0.8 横山典弘 56kg モーリス
2016.05.14 東京 京王杯SC GII 芝1400m(良) 16 4 8 043.3(10人) 13着 R1:20.7(34.2) -1.1 三浦皇成 57kg サトノアラジン
0000.07.10 中京 プロキオンS GIII ダ1400m(稍) 15 3 5 010.00(4人) 13着 R1:23.8(37.8) -1.7 C.ルメール 58kg ノボバカラ
0000.08.14 新潟 関屋記念 GIII 芝1600m(良) 18 1 2 026.20(8人) 08着 R1:32.3(33.2) -0.5 田辺裕信 56kg ヤングマンパワー
0000.09.11 中山 京成杯AH GIII 芝1600m(良) 15 3 6 016.70(9人) 04着 R1:33.5(34.9) -0.5 田辺裕信 57.5kg ロードクエスト
0000.10.16 東京 アイルランドT OP 芝2000m(良) 14 1 1 007.50(4人) 03着 R2:00.4(35.6) -0.9 田辺裕信 57kg ハギノハイブリッド
0000.12.18 中山 ディセンバーS OP 芝2000m(良) 14 6 10 008.00(4人) 05着 R2:01.2(35.7) -0.3 田辺裕信 57kg ツクバアズマオー
2017.01.05 中山 中山金杯 GIII 芝2000m(良) 13 2 2 010.90(6人) 02着 R2:00.7(36.6) -0.1 田辺裕信 57.5kg ツクバアズマオー
0000.01.22 中山 AJCC GII 芝2200m(良) 17 1 2 019.80(8人) 10着 R2:13.7(37.5) -1.8 柴田善臣 57kg タンタアレグリア
0000.02.19 小倉 小倉大賞典 GIII 芝1800m(良) 16 6 11 009.70(5人) 03着 R1:46.2(36.3) -0.4 田辺裕信 57.5kg マルターズアポジー
0000.05.20 東京 メイS OP 芝1800m(良) 11 8 10 011.10(5人) 03着 R1:46.3(33.8) -0.3 田辺裕信 57.5kg タイセイサミット
0000.06.11 東京 エプソムC GIII 芝1800m(良) 18 5 9 008.80(4人) 15着 R1:47.2(34.9) -1.3 田辺裕信 56kg ダッシングブレイズ
0000.08.13 新潟 関屋記念 GIII 芝1600m(良) 16 5 9 036.4(12人) 16着 R1:33.7(34.2) -1.5 横山典弘 56kg マルターズアポジー
0000.10.15 東京 オクトーバーS OP 芝2000m(重) 12 7 9 028.90(8人) 11着 R2:02.6(36.8) -1.7 柴山雄一 58kg マウントロブソン
2018.01.07 中山 ポルックスS OP ダ1800m(良) 16 2 4 031.9(10人) 14着 R1:54.7(40.7) -2.3 田辺裕信 58kg アルタイル
0000.02.18 小倉 小倉大賞典 GIII 芝1800m(良) 16 6 12 083.4(14人) 12着 R1:47.2(35.2) -1.1 木幡巧也 57kg トリオンフ
0000.03.31 中山 ダービー卿CT GIII 芝1600m(良) 16 8 16 407.2(16人) 13着 R1:33.6(36.0) -1.4 木幡巧也 57kg ヒーズインラブ
0000.08.25 新潟 BSN賞 OP ダ1800m(良) 12 7 10 157.2(12人) 10着 R1:54.5(38.9) -2.7 木幡巧也 56kg サルサディオーネ
  • タイム欄のRはレコード勝ちを示す
  • 出典: [10]

血統表[編集]

クラリティスカイ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヴァイスリージェント系
[§ 2]

*クロフネ
1998 芦毛
父の父
*フレンチデピュティ
French Deputy
1992 栗毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Mitterand Hold Your Peace
Laredo Lass
父の母
*ブルーアヴェニュー
Blue Avenue
1990 芦毛
Classic Go Go Pago Pago
Classic Perfection
Eliza Blue Icecapade
*コレラ

タイキクラリティ
2003 鹿毛
スペシャルウィーク
1995 黒鹿毛
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
キャンペンガール マルゼンスキー
レディーシラオキ
母の母
タイキダイヤ
1996 鹿毛
オジジアン Damascus
Gonfalon
*パテントリークリア Miswaki
Badge of Courage
母系(F-No.) 2号族(FN:2-f) [§ 3]
出典
  1. ^ [11]
  2. ^ [11]
  3. ^ [11]


評価[編集]

2014年(2歳時)は、111ポイントのレーティングを与えられ、この世代の2歳馬の中では4番手の評価が与えられた[12]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ @keiba/競走馬情報: クラリティスカイ2017年6月23日閲覧。
  2. ^ クラリティスカイ号が競走馬登録抹消”. 日本中央競馬会 (2018年8月31日). 2018年8月31日閲覧。
  3. ^ クラリティスカイ斎藤誠厩舎へ次走8.14関屋記念日刊スポーツ、2016年7月17日閲覧
  4. ^ a b c JBIS クラリティスカイ 基本情報2015年5月13日閲覧。
  5. ^ a b c d e 『週刊競馬ブック』第53巻19号p2-22「NHKマイルカップ」
  6. ^ a b JBIS タイキフォーチュン(USA) 基本情報2015年5月13日閲覧。
  7. ^ a b JBIS タイキダイヤ(USA) 基本情報2015年5月13日閲覧。
  8. ^ a b JBIS タイキリオン(USA) 基本情報2015年5月13日閲覧。
  9. ^ a b c d e f 『週刊競馬ブック』第53巻20号,2015,p1,156-157,194「NHKマイルカップ」
  10. ^ 競走成績:全競走成績|クラリティスカイ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2018年1月7日閲覧。
  11. ^ a b c netkeiba/血統情報:5代血統表/クラリティスカイ2017年6月14日閲覧。
  12. ^ JRA サラブレッドランキング 2014年 2歳馬部門2015年5月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『週刊競馬ブック』,株式会社競馬ブック
  • 第53巻19号,2015,p2-22「NHKマイルカップ」
  • 第53巻20号,2015,p1,156-157「NHKマイルカップ」