クラレッサ・シールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クラレッサ・シールズ Boxing pictogram.svg
Claressa Shields - PopTech 2012.jpg
個人情報
フルネーム クラレッサ・シールズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生誕 (1995-03-17) 1995年3月17日(24歳)[1]
ミシガン州フリント
身長 178 cm (5 ft 10 in)[1]
スポーツ
競技

女子 ボクシング

階級 スーパーミドル級

クラレッサ・シールズ(Claressa Shields、1995年3月17日[1] - )は、アメリカ合衆国のプロボクサー、元アマチュアボクサーである。元WBCIBF女子世界スーパーミドル級王者。現WBA・IBF・WBC・WBO女子世界ミドル級王者。世界ミドル級4団体統一王者。2012年ロンドンオリンピック2016年リオオリンピック2大会連続ミドル級金メダリスト。

経歴[編集]

ミシガン州フリントで生まれ育つ[2][3]。地下ボクシングの選手だった父親からボクシングを教わる[3][4]。 父親はシールズが2歳の時に刑務所に収監され9歳の時に出所した。出所後、父親から聞かされたレイラ・アリの話に刺激され、中学生の時に本格的にボクシングを始めた。

アマチュア時代[編集]

2012年5月、ロンドンオリンピック予選を兼ねた2012年世界選手権にミドル級(75kg)で出場し、2回戦でサバンナ・マーシャルに敗れるもベスト8に入りオリンピック出場権獲得[5][6]

2012年8月、ロンドンオリンピックにミドル級(75kg)で出場し決勝まで進み、ロシアナデザ・トロポワ英語版を19–12で破り金メダルを獲得[7][8]

2016年8月、リオデジャネイロオリンピックにミドル級(75kg)で出場して金メダルを獲得[9]

プロ時代[編集]

2016年11月19日、プロデビュー戦をT-モバイル・アリーナで行われたアンドレ・ウォードVSセルゲイ・コバレフ第一戦の前座でフランチャン・クルーと対戦して4回判定勝利を収めた[10][11]

2017年3月10日、ジルビア・スサバドスと6回戦で対戦、4回TKO勝利を収めた。ショウタイムのShoBox: The New Generationシリーズで放送され、シールズはプレミアケーブルチャンネルのメインイベントとして放送された初めての女子ボクサーになった[12]

2017年6月12日、ドミトリー・サリタのサリタ・プロモーションズと契約[12]

2017年8月4日、WBC女子世界スーパーミドル級王者ニッキ・アドラーと空位のIBF女子世界スーパーミドル級王座決定戦で対戦し、レフェリーストップで5回TKO勝利を収め、WBCとIBF世界王座の獲得に成功。プロ4戦目で世界王座を獲得する快挙を達成した。

2018年1月12日、トリー・ネルソンと対戦し、10回判定勝利を収め、WBC並びにIBF女子世界スーパーミドル級王座の初防衛に成功した[13]

2018年6月22日、空位のWBA・IBF女子世界ミドル級王座決定戦で1階級下のWBA・WBO女子世界スーパーウェルター級王者ハンナ・ガブリエルと対戦し、1回に右アッパーでダウンを喫するも、10回判定勝利を収め王座獲得に成功。2階級制覇を達成した。試合後リングに上ってきたクリスティーナ・ハマーと乱闘寸前の激しい言い争いを繰り広げた[14]

2019年4月13日、WBO女子世界ミドル級王者クリスティーナ・ハマーと対戦し、10回判定勝ちを収めWBO王座を獲得すると同時に4団体統一に成功した[15]Showtimeが放送したこの試合は平均視聴者数33万9千人が視聴した[16]

人物・エピソード[編集]

獲得タイトル[編集]

  • WBC女子世界スーパーミドル級王座
  • IBF女子世界スーパーミドル級王座
  • WBA女子世界ミドル級王座
  • IBF女子世界ミドル級王座
  • WBC女子世界ミドル級王座
  • WBOF女子世界ミドル級王座

脚注[編集]

  1. ^ a b c Boxer Claressa Shields could be Olympic teen star.” (英語). Associated Press (2012年2月17日). 2012年5月11日閲覧。
  2. ^ O'Riordan, Ian (2012年5月5日). “Women's boxing - in a New Yorker state of mind.” (英語). IrishTimes.com. 2012年5月11日閲覧。
  3. ^ a b Claressa Shields determined to make London Olympics.” (英語). USA Today (2012年5月7日). 2012年5月11日閲覧。
  4. ^ Parish, Christopher (2012年5月7日). “A fighting chance.” (英語). ESPNHS.com. 2012年5月11日閲覧。
  5. ^ Barnas, Jo-Ann (2012年5月10日). “Flint boxer Claressa Shields takes next step toward Olympics on Friday.” (英語). Detroit Free Press. 2012年5月11日閲覧。
  6. ^ 7.AIBA World Women's Championships - Qinhuangdao, China - May 11-19 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2017年2月2日閲覧。
  7. ^ Olympics boxing: Claressa Shields takes middleweight gold for USA” (英語). bbc.co.uk. 2012年9月8日閲覧。
  8. ^ 30.Olympic Games - London, Great Britain - July 28 - August 12 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2017年2月2日閲覧。
  9. ^ 31.Olympic GamesRiocentro Pavilion 6, Rio de Janiero, BrazilAugust 6-21, 2016”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2017年2月2日閲覧。
  10. ^ Ward dropped, wins 114-113 decision on all cards Fightnews.com 2016年11月20日
  11. ^ ウォードが戴冠、コバレフに僅差 L・ヘビー級戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月20日
  12. ^ a b Gold medalist Claressa Shields signs with Salita Promotions”. ESPN (2016年6月12日). 2017年6月17日閲覧。
  13. ^ “[https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201801150004-spnavi 女子ボクシング界の未来背負うシールズ 強敵との対戦でブレークとなるか?]”. 杉浦大介 (2018年1月16日). 2018年6月25日閲覧。
  14. ^ Claressa Shields recovers to beat Hanna Gabriels, confronts Christina Hammer”. ESPN.com (2018年6月23日). 2018年6月25日閲覧。
  15. ^ Claressa Shields dominates Christina Hammer to become undisputed women's middleweight champion”. CBS Sports (2019年4月14日). 2019年7月29日閲覧。
  16. ^ Shields-Hammer Fight Peaked At 369,000 Viewers On Showtime”. Boxing Scene.com (2019年4月16日). 2019年7月29日閲覧。
  17. ^ BOXING CHAMP CLARESSA SHIELDS I CAN BEAT MEN!!!... Calls Out GGG, Keith Thurman”. TMZ Sports (2019年4月18日). 2019年8月3日閲覧。

関連項目[編集]