クラレンス・ジョーンズ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クラレンス・ジョーンズ
Clarence Jones
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州マスキンガム郡
生年月日 (1941-11-07) 1941年11月7日(76歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手外野手
プロ入り 1959年
初出場 MLB / 1967年4月20日
NPB / 1970年4月12日
最終出場 MLB / 1968年9月25日
NPB / 1977年8月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

クラレンス・ジョーンズClarence Woodrow Jones , 1941年11月7日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州出身の元プロ野球選手内野手外野手)。

ニックネームは「ビッグC」 [1]。低打率で三振が多く、「アメリカ製扇風機」とも言われた。

息子はアメリカのテレビドラマ等で活躍する俳優リチャード・T・ジョーンズ。南海在籍中の1972年1月16日に神戸の病院で出生している。

経歴[編集]

1959年フィラデルフィア・フィリーズと契約。長いマイナーリーグ生活を経て、1967年シカゴ・カブスメジャー初昇格。

1970年南海ホークスに入団し、来日。以来4年連続30本塁打を記録するなど、南海の主砲として活躍し、1972年には自身最高打率となる.292を記録、1973年のリーグ優勝に貢献する。しかし打率の低さと三振の多さがネックとなって自由契約となり、1974年近鉄バファローズに移籍。

近鉄移籍1年目には38本塁打を放ち、初の本塁打王のタイトル獲得。これが2リーグ分立後初の外国人選手による本塁打王となった。なお、同年の打率.226はパ・リーグの規定打席に到達した打者の中では最下位である(1987年広島リック・ランス2011年ヤクルトウラディミール・バレンティンも「本塁打王で打率最下位」を記録している。)。また、規定打席に到達しながら安打数より四球数が多いという、2リーグ分立後には他に王貞治(4回)とアンドリュー・ジョーンズの2人が達成しているのみの珍記録も達成している。

1975年には主に4番・指名打者として出場し、チーム初の半期優勝(後期優勝)に貢献。1976年からは再び一塁手としての出場がメインとなり、36本塁打を放ち、二度目の本塁打王のタイトルを獲得した。しかし、1977年には打率1割台と低迷し、本塁打数も11本に終わり、同年オフに自由契約となり、現役を引退した。通算246本塁打はレロン・リーに抜かれるまでの約10年間、日本プロ野球における外国人選手の通算本塁打数最多記録だった。

引退・帰国後は1989年から1998年までアトランタ・ブレーブスで打撃コーチを務め、デビッド・ジャスティスチッパー・ジョーンズを育てた。1999年から2001年にはクリーブランド・インディアンスの打撃コーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 CHC 53 155 135 13 34 7 0 2 47 16 0 0 2 4 14 3 0 33 2 .252 .314 .348 .662
1968 5 4 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .000 .500 .000 .500
1970 南海 128 528 443 69 108 16 0 33 223 88 9 2 0 4 78 6 3 102 15 .244 .358 .503 .861
1971 125 488 412 62 95 11 0 35 211 73 4 3 0 5 64 4 7 94 9 .231 .340 .512 .852
1972 126 510 452 65 132 19 1 32 249 70 4 2 0 3 51 7 4 82 7 .292 .367 .551 .918
1973 126 503 410 75 100 9 0 32 205 76 1 0 0 3 87 2 3 93 11 .244 .378 .500 .878
1974 近鉄 130 515 411 66 93 12 1 38 221 90 5 1 0 5 96 9 3 112 7 .226 .373 .538 .911
1975 130 528 429 54 98 12 0 29 197 73 3 1 0 7 88 11 4 98 7 .228 .360 .459 .819
1976 114 449 377 54 92 12 1 36 214 68 0 1 0 4 64 7 4 87 3 .244 .356 .568 .924
1977 82 289 248 30 44 8 1 11 87 24 0 3 0 1 37 1 3 51 2 .177 .291 .351 .641
MLB:2年 58 159 137 13 34 7 0 2 47 16 0 0 2 4 16 3 0 34 2 .248 .318 .343 .662
NPB:8年 961 3810 3182 475 762 99 4 246 1607 562 26 13 0 32 565 47 31 719 61 .239 .356 .505 .861
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

NPB

表彰[編集]

NPB

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 27 (1967年)
  • 29 (1968年)
  • 4 (1970年 - 1973年)
  • 42 (1974年 - 1977年)
  • 54 (1989年)
  • 28 (1990年、1992年 - 2001年)
  • 38 (1991年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]