クラーク (フリゲート)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
USS Clark FFG-11
艦歴
発注: 1976年2月27日
起工: 1978年7月17日
進水: 1979年3月24日
就役: 1980年5月9日
退役: 2000年3月15日
除籍: 2000年3月15日
その後: ポーランド海軍へ移管
要目
排水量 基準: 3,159 t
満載: 4,057 t
全長 445 ft (136 m)
全幅 45.4 ft (13.8 m)
吃水 22 ft (6.7 m)
機関 COGAG方式
LM2500-30ガスタービンエンジン (20,500shp) ×2基
可変ピッチプロペラ(5翔)×1軸
非常用旋回式スラスタ(350hp)×2基
最大速 29ノット以上
航続距離 4,500 海里(20ノット巡航時)
乗員 206名(士官13名)
兵装 Mk.75 76mm単装速射砲×1基
Mk.38 25mm単装機銃×2基
Mk.15 20mmCIWS×1基
M2 12.7mm単装機銃×4基
Mk.13 mod.4 ミサイル単装発射機×1基
* SM-1MR SAM
* ハープーンSSM
を発射可能
Mk.32 mod.7 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 SH-2F LAMPSヘリコプター×1機
※さらに1機収容可能
C4ISTAR NTDS(JTDSリンク 11 / 14)
Mk.92 FCS (SM-1MR, 76mm砲用)
AN/SQQ-89 ASWCS
センサ AN/SPS-49 対空捜索レーダー
AN/SPS-55 対水上捜索レーダー
AN/SQS-56 船底装備ソナー
AN/SQR-19 曳航ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)2 ESM装置
Mk.36 デコイ発射装置
モットー:

クラーク (英語: USS Clark, FFG-11) は、アメリカ海軍のミサイルフリゲートオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートの5番艦。艦名はジョゼフ・J・クラーク提督に因む。

艦歴[編集]

クラークは1976年2月27日にFY76プログラムの一部としてメイン州バス鉄工所に建造発注され、1978年7月17日に起工する。1979年3月24日に進水し、1980年5月9日に就役した。

クラークは2000年3月15日に退役し、同日除籍の上ポーランド海軍に移管された。艦名はアメリカ独立戦争に参加したポーランド軍人、カジミェシュ・プワスキに因んでゲネラウ・カジミェシュ・プワスキ(ポーランド語:ORP Generał Kazimierz Pułaskiゲネーラウ・カジーミェシュ・プワースキ)と改名された。

2008年8月、ゲネラウ・カジミェシュ・プワスキはドイツ海軍ブレーメン級リューベック、スペイン海軍アルバロ・デ・バサン級アルミランテ・ファン・デ・ボルボーン、アメリカ海軍O.H.ペリー級テイラーNATO所属艦艇と共に、黒海での演習のためにボスポラス海峡を通過した。これらは2007年10月時点で既に予定されていた演習だが、南オセチア紛争の当事者であるロシアが情勢への影響に対して懸念を表明した[1]。2013年には、ポーランド海軍と米政府の間に、本艦の近代化工事の契約が締結された。約3,400万ドルで各種電子機器や情報処理システム、主機のオーバーホールと更新を行い、2025年までの運用を可能にする予定である[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Russia queries necessity of U.S. humanitarian operation in Black Sea
  2. ^ 「海外艦艇ニュース ポーランド海軍のペリー級フリゲイト近代化計画」『世界の艦船』第792集(2014年2月号) 海人社

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、クラーク (フリゲート)に関するカテゴリがあります。