クリコロ圏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
クリコロ圏
Cercle de Koulikoro
位置
Cercle of Koulikoro.png
マリ共和国におけるクリコロ圏(塗りつぶし部)。
管理
: マリ共和国の旗 マリ
: クリコロ州
圏都: クリコロ
コミューン: 9
面積: 7,260[1] km²
首長: -
人口統計
人口(2009年)
 • 人口密度:
211,103[2]
 • 29人/km²
テンプレートを表示

クリコロ圏(クリコロけん、フランス語:Cercle de Koulikoro)は、マリ共和国地方行政区画クリコロ州を構成するのひとつ。行政の中心地はクリコロにおかれる。下級単位のコミューンは9つあり、2009年の統計で人口は211,103人を数える[2]

圏都であるクリコロはカティ圏の西側にあるニジェール川沿いの貿易および産業都市として栄えている。クリコロ圏はクリコロ州内東部に位置し、7,000平方キロメートル以上の面積を有している。川沿いには、大規模な輸出を目的としたマンゴー農園があり、主にバンバラ族農家がいる。他の作物にはバンバラピーナッツ(en:Bambara groundnut)、木綿タバコおよびシアバターを生産している。圏北部は乾燥しており、サヘルの一角をなし、主に家畜の為に利用されている。

コミューン[編集]

クリコロ圏には以下のコミューンがある[2]

脚注[編集]