クリシュナーチャーリヤ・プールニヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
クリシュナーチャーリヤ・プールニヤー

クリシュナーチャーリヤ・プールニヤー(Krishnacharya Purniya, 1746年 - 1812年3月27日)は、南インドマイソール王国及び藩王国に仕えた大臣(ディーワーン)。ミール・ミーラーン・プールニヤー(Mir Miran Purniya)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1746年コインバートルバラモンの家に生まれた。プールニヤーはカンナダ語サンスクリット語のみならず英語も話すことができた。

1782年、マイソールの支配者ハイダル・アリーが死亡し、そのあとをティプー・スルターンが継ぐと、大臣に起用された。だが、ティプーはプールニヤーに改宗を迫ることはなかった[1]

1799年、ティプー・スルターンが第四次マイソール戦争で戦死したのちも、クリシュナ・ラージャ3世のもとで藩王国の大臣を続けたが、1811年に大臣を引退した。

1812年3月27日シュリーランガパトナで死亡した。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Parsons, Constance E (1931). Seringapatam. H. Milford. pp. 155–157. https://archive.org/details/SeringapatamConstanceParsons1931 2015年9月25日閲覧。. 

関連項目[編集]