クリスチャン・アローヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリスチャン・アローヨ
Christian Arroyo
クリーブランド・インディアンス
Christian Arroyo (43003206661) (cropped).jpg
タンパベイ・レイズ時代
(2018年6月2日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州ヘルナンド郡ブルックスビル英語版
生年月日 (1995-05-30) 1995年5月30日(24歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2013年 MLBドラフト1巡目
初出場 2017年4月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリスチャン・イスラエル・アローヨChristian Israel Arroyo, 1995年5月30日 - )は、 アメリカ合衆国フロリダ州ヘルナンド郡ブルックスビル英語版出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。MLBクリーブランド・インディアンス所属。

経歴[編集]

プロ入りとジャイアンツ時代[編集]

2013年MLBドラフト1巡目(全体25位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名され、プロ入り。契約後、傘下のルーキー級アリゾナリーグ・ジャイアンツでプロデビュー。45試合に出場して打率.326、2本塁打、39打点、3盗塁を記録した。

2014年はA-級セイラムカイザー・ボルケーノズ英語版とA級オーガスタ・グリーンジャケッツ英語版でプレーし、2球団合計で89試合に出場して打率.291、6本塁打、62打点、2盗塁を記録した。

2015年はA+級サンノゼ・ジャイアンツ英語版でプレーし、90試合に出場して打率.304、9本塁打、42打点、5盗塁を記録した。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。

2016年はAA級リッチモンド・フライングスクウォーレルズでプレーし、119試合に出場して打率.274、3本塁打、49打点、1盗塁を記録した。

2017年は開幕をAAA級サクラメント・リバーキャッツで迎え、4月24日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[1]。メジャーデビューとなった同日のロサンゼルス・ドジャース戦では「6番・三塁手」で先発出場して4打数無安打も、翌25日の同カードではクレイトン・カーショウからメジャー初安打[2]、さらに26日にはセルジオ・ロモからメジャー初本塁打を放った[3]。AAA級サクラメントに降格していた7月2日に死球を受けて左手を骨折し[4]、以降のシーズンを棒に振った。この年メジャーでは34試合に出場して打率.192、3本塁打、14打点、1盗塁を記録した。

レイズ時代[編集]

2017年12月20日にエバン・ロンゴリアとの1対4のトレードで、デナード・スパンスティーブン・ウッズ英語版マット・クルック英語版と共にタンパベイ・レイズへ移籍した[5]

2018年はAAA級ダーラム・ブルズで開幕を迎えた。5月16日にメジャーへ昇格した。5月17日のロサンゼルス・エンゼルス戦でレイズでのキャリアが始まった。三塁手として、5打数2安打を記録した。オプションでAAA級ダーラムに降格した後、メジャーに昇格することなくシーズンを終えた。レギュラーシーズンでは、打率.264、1本塁打だった。

インディアンス時代[編集]

2019年7月28日にルーベン・カーデナス、インターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)とのトレードで、ハンター・ウッドと共にクリーブランド・インディアンスへ移籍した[6]

プレースタイル[編集]

手と目の連動性に優れた巧打者であり、守備面も評価されている[7]

人物[編集]

同姓のブロンソン・アローヨとは血縁関係は無いものの、ともにフロリダ州ヘルナンド高等学校英語版の卒業生という共通点がある。2017年5月5日シンシナティ・レッズ戦で対決が実現し、クリスチャンは2回表にブロンソンから本塁打を放った[8]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2017 SF 34 135 125 9 24 5 0 3 38 14 1 2 0 1 8 1 1 32 4 .192 .244 .304 .548
2018 TB 20 59 53 5 14 2 1 1 21 6 0 0 0 0 6 0 0 16 0 .264 .339 .396 .735
MLB:2年 54 194 178 14 38 7 1 4 59 20 1 2 0 1 14 1 1 48 4 .213 .273 .331 .605
  • 2018年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



二塁(2B) 三塁(3B) 遊撃(SS)




































2017 SF 2 4 7 0 2 1.000 22 14 43 2 5 .966 10 12 19 1 3 .969
2018 TB 8 15 18 0 7 1.000 7 1 11 1 0 .923 -
MLB 10 19 25 0 9 1.000 29 15 54 3 5 .958 10 12 19 1 3 .969
  • 2018年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 22(2017年、2019年)
  • 21(2018年)

脚注[編集]

  1. ^ Chris Haft (2017年4月25日). “Giants call up top position prospect Arroyo” (英語). MLB.com. 2017年7月12日閲覧。
  2. ^ Arroyo’s first big league hit comes off Clayton Kershaw” (英語). knbr.com (2017年4月25日). 2017年7月12日閲覧。
  3. ^ Josh Lander (2017年4月26日). “Christian Arroyo’s first major league home run comes off of Sergio Romo” (英語). knbr.com. 2017年7月12日閲覧。
  4. ^ Chris Haft (2017年7月2日). “Prospect Arroyo fractures hand on HBP” (英語). MLB.com. 2017年12月24日閲覧。
  5. ^ Rays trade third baseman Evan Longoria to Giants
  6. ^ Indians and Tampa Bay Rays complete trade” (英語). MLB.com (2019年7月28日). 2019年7月29日閲覧。
  7. ^ 「2017 - 2021 全30球団未来予想図 サンフランシスコ・ジャイアンツ」『月刊スラッガー』2017年3月号 日本スポーツ企画出版社 68頁
  8. ^ アローヨ対アローヨ同姓対決は1発放った新人に軍配”. 日刊スポーツ (2017年5月6日). 2017年7月12日閲覧。

関連項目[編集]