クリスチャン文書伝道団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

クリスチャン文書伝道団(クリスチャンぶんしょでんどうだん、略称CLC)は、世界福音伝道団の文書事業部として、1950年に発足した組織である。日本福音同盟の協力会員である。

超教派の立場で文書伝道を行うことを使命として、全国でキリスト教の書店を運営している。1957年に独立法人になった。

直営店(CLC BOOKS)は国内6都市に展開され、オンラインショップも運営している。


しかし、「ここ数年の出版不況に加え、新型コロナウィルスなどの影響により、宗教法人としての働きを継続することは困難であると判断」し、2020年12月を持って団体の解散することを発表した。[1]

参考文献[編集]

  • 中村敏「日本における福音派の歴史」いのちのことば社、2000年
  1. ^ クリスチャン文書伝道団(CLC)が12月で解散 6書店はそれぞれの道 2020年9月23日” (日本語). キリスト新聞社ホームページ (2020年9月23日). 2020年9月26日閲覧。