クリスチャン文書伝道団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

クリスチャン文書伝道団(クリスチャンぶんしょでんどうだん、略称CLC)は、世界福音伝道団の文書事業部として、1950年に発足した組織である。日本福音同盟の協力会員である。

超教派の立場で文書伝道を行うことを使命として、全国でキリスト教の書店を運営している。1957年に独立法人になった。

参考文献[編集]

  • 中村敏「日本における福音派の歴史」いのちのことば社、2000年