クリスティアン・アウグスト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリスティアン・アウグスト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルフ
Christian August von Schleswig-Holstein-Gottorf
リューベック領主司教
Fürstbischof Christian August.jpg
在位 1705年 - 1726年

出生 (1673-01-11) 1673年1月11日
死去 (1726-04-24) 1726年4月24日(53歳没)
配偶者 アルベルティーネ・フリーデリケ・フォン・バーデン=ドゥルラハ
子女 一覧参照
家名 ホルシュタイン=ゴットルプ家
父親 ホルシュタイン=ゴットルプ公クリスチャン・アルブレクト
母親 フレゼリゲ・アメーリエ・ア・ダンマーク
役職 ホルシュタイン=ゴットルプ公国摂政
テンプレートを表示

クリスティアン・アウグスト・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルフドイツ語:Christian August von Schleswig-Holstein-Gottorf, 1673年1月11日 - 1726年4月24日)は、ドイツのリューベック領主司教デンマークノルウェーフレデリク1世の直系であるホルシュタイン=ゴットルプ家の公子で、デンマーク語名はクリスチャン・アウグスト・ア・スレースヴィ=ホルステン=ゴットルプデンマーク語:Christian August af Slesvig-Holsten-Gottorp)。

生涯[編集]

シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゴットルプ公クリスチャン・アルブレクトと、その妻でデンマーク・ノルウェー王フレデリク3世の娘であるフレゼリゲ・アメーリエの間の次男として生まれた。父が死ぬと兄フレデリク4世(フリードリヒ4世)が領国を相続し、一方でクリスティアンはオイティーンの小さな所領を与えられたのみであった。ホルシュタイン=ゴットルプ家はクリスティアン・アウグストのためにリューベックルター派領主司教の地位を確保した。リューベック司教位は神聖ローマ帝国諸侯の一員だった。

1702年に兄フレデリク4世が死ぬと、わずか2歳の一人息子カール・フリードリヒが公爵位を継ぎ、その母親ヘドヴィグ・ソフィアが摂政となった。しかし公爵は母親の実家スウェーデンで暮らしていたため、叔父であるクリスティアン・アウグストが公国の統治を任され、1708年にヘドヴィグ・ソフィアが死ぬと公国摂政を引き継いだ。クリスティアン・アウグストによる統治期、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン公国は大北方戦争のために激しく荒廃した。

子女[編集]

1704年バーデン=ドゥルラハ辺境伯フリードリヒ7世マグヌスの娘で従妹にあたるアルベルティーネ・フリーデリケ(1682年 - 1755年)と結婚し、間に11人の子女をもうけた。

先代:
アウグスト・フリードリヒ
リューベック領主司教
1705年 - 1726年
次代:
カール・アウグスト