クリスティアン・アルブレヒト (ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリスティアン・アルブレヒト
Christian Albrecht
ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯
在位 1686年 - 1692年

出生 (1675-09-18) 1675年9月18日
アンスバッハ
死去 (1692-10-16) 1692年10月16日(17歳没)
アンスバッハ
家名 ホーエンツォレルン家
父親 ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒ
母親 ヨハンナ・エリーザベト・フォン・バーデン=ドゥルラハ
テンプレートを表示

クリスティアン・アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=アンスバッハChristian Albrecht von Brandenburg-Ansbach1675年9月18日 - 1692年10月16日)は、フランケン地方アンスバッハ侯領辺境伯。ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒと最初の妻ヨハンナ・エリーザベト・フォン・バーデン=ドゥルラハの次男。ゲオルク・フリードリヒ2世ヴィルヘルム・フリードリヒの兄。

兄レオポルト・フリードリヒがわずか2歳で夭逝したため、1676年に継承者になった。1686年に父が若くして亡くなったため、未成年であったクリスティアン・アルブレヒトが摂政の後見下で遺領を継承した。しかし、成人前に亡くなったため、自ら統治することはなかった。後継者も遺さなかったため、やはり未成年の弟ゲオルク・フリードリヒがアンスバッハ辺境伯領を継承した。

参考文献[編集]

  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5

(この文献は、ドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し、直接参照してはおりません。)

先代:
ヨハン・フリードリヒ
ブランデンブルク=
アンスバッハ辺境伯
1686年 - 1692年
次代:
ゲオルク・フリードリヒ2世