クリスティアン・ゴットフリート・ダニエル・ネース・フォン・エーゼンベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Christian Gottfried Daniel Nees von Esenbeck (1855).

クリスティアン・ゴットフリート・ダニエル・ネース・フォン・エーゼンベック(Christian Gottfried Daniel Nees von Esenbeck、1776年2月14日1858年3月16日)は、ドイツの博物学者、医師である。ゲーテと同時代人で、リンネの存命中に生まれた博物学者で、多くの動植物の記載を行った。ドイツ自然科学アカデミー・レオポルディーナ (Leopoldina) の会長を務めた。

略歴[編集]

ライヒェルスハイムに生まれた。弟に植物学者のテオドール・フリードリヒ・ルートヴィヒ・ネースがいる。イェナ大学で、哲学と医学を学んだ。アウグスト・バッシュ(August Batsch)、ローダー(Justus Christian Loder)、フーフェラント(Christoph Wilhelm Hufeland)らが当時の教授陣である。1800年にギーセン大学で学位を得て、オーデンヴァルトに戻り、エアバッハで医師となり エアバッハ伯フランツ1世の宮廷医師になった。1802年に名門貴族、ディットフルト家(Ditfurth)の娘と結婚し、研究に専念した。妻は1年ほどに没するが、1804年に再婚した。1916年にレオポルディーナの会員になり、昆虫学者のクルーク(Johann Christoph Friedrich Klug)と親密に交際し、自宅は多くの科学者が集まる場所となった。 Joseph Eduard d’Alton、Ignaz Dollinger、Georg August Goldfuß 、Christian Friedrich Horn Schuch、Dietrich Georg Kieser、Elias von Sieboldらなどの科学者がネースのもとに集まった。

科学者との交流は会議や議論だけでなく クリスティアン・パンダーカール・エルンスト・フォン・ベーアとともに、鶏の胚発生の実験に助言した。自然哲学者のローレンツ・オーケンもネースの邸宅に滞在しいくつかの著作を行った。オーケンの初期の著作の書評も書いた。

1817年からエルランゲン大学の植物学の講師となり、1818年にはボン大学の博物学と植物学の教授となった。1818年にレオポルディーナの会長に選ばれた。ボンでは弟のテオドール・フr-ドリッヒ・ルードヴィッヒ・ネースとともにボン大学植物園の再建を指揮した。1819年にヴァイマルでゲーテに面会した。1823年にはアオイ科の種にGoethea semperflorensPavonia semiserrata (Schrad.)のシノニム)とGoethea caulifloraにゲーテの名前を献名している。これらの植物は、探検家のヴィート公マクシミリアン(Maximilian zu Wied-Neuwied)がブラジルで採集してネースに託されたものである。1830年にヴロツワフに移った。

ネースは政治的な活動も行い、ドイツのカトリック運動に参加し、1848年には、ヴロツワフの労働者協会の設立に尽力し、ベルリン労働者会議(Berliner Arbeiterkongresses)の会長を務め、プロイセン国民会議(Preußische Nationalversammlung)副会長に選出された。このことによりヴロツワフでの教授職を失った。 ヴロツワフで没した。

キツネノマゴ科の属名、Neesiella献名された。

著作[編集]

  • Die Algen des süßen Wassers nach ihren Entwicklungsstufen dargestellt (1814)
  • Das System der Pilze und Schwämme. Ein Versuch. 2 Bände (1816–1817)
  • Elenchus Plantarum Horti Botanici Bonnensis (Theodor Friedrich Ludwig Nees von Esenbeckと共著) (1820)[1]
  • Vorlesungen zur Entwickelungsgeschichte des magnetischen Schlafs und Traums (1820)
  • Handbuch der Botanik. Schrag, Nürnberg 1820 (Band 1-2) Digitalisierte Ausgabe der Universitäts- und Landesbibliothek Düsseldorf
  • De Cinnamomo disputatio (T.F.L. Nees von Esenbeckと共著, 1823)
  • Plantarum, in Horto medico Bonnensi nutritarum, Icones selectae. Bonnae 1824 Digitalisierte Ausgabe der Universitäts- und Landesbibliothek Düsseldorf
  • Bryologia germanica (Hornschuch、Sturmと共著, 1823–31, 2 Bände mit 43 Tafeln)
  • Die deutschen Brombeersträuche (Karl August Weihe| Schönian, Elberfeld 1827 Digitalisierte Ausgabe der Universitäts- und Landesbibliothek Düsseldorf
  • Agrostologia brasiliensis (1829)
  • Genera et species Asterearum (1833)
  • Naturgeschichte der europäischen Lebermoose mit Erinnerungen aus dem Riesengebirge (1833–38, 4 Bände)
  • Hymenopterorum Ichneumonibus affinium monographiae, genera Europaea et species illustrantes (1834, 2 Bände)
  • Systema Laurinarum (1836)
  • Florae Africae australioris illustrationes monographicae. I. Gramineae (1841)

Karl Moritz Gottsche, Johann Bernhard Wilhelm Lindenbergと共著 Synopsis Hepaticarum, Hamburg, 5 Teile, 1844-1847

  • Das System der speculativen Philosophie, Band 1: Naturphilosophie (1841)
  • Synopsis Hepaticarum ( Carl Moritz Gottsche、Johann Lindenbergと共著, 1844)
  • Die Allgemeine Formenlehre der Natur als Vorschule der Naturgeschichte (1852)

参考文献[編集]

  • Johanna Bohley: Christian Gottfried Daniel Nees von Esenbeck. Ein Lebensbild. Wissenschaftliche Verlagsgesellschaft, Stuttgart 2003, ISBN 3-8047-2075-7.
  • Dietrich von Engelhardt (Hrsg.): Christian Gottfried Nees von Esenbeck. Politik und Naturwissenschaft in der ersten Hälfte des 19. Jahrhunderts. Wissenschaftliche Verlagsgesellschaft, Stuttgart 2004, ISBN 3-8047-2153-2.
  • Ilse Jahn: Geschichte der Biologie. Theorien, Methoden, Institutionen, Kurzbiographien. Directmedia Publications, Berlin 2006, ISBN 3-89853-538-X (1 CD-ROM).
  • Karl Mägdefrau: Geschichte der Botanik. Leben und Leistungen großer Forscher. Fischer, Stuttgart 1992, ISBN 3-437-20489-0.
  • Acta Borussica Band 4/I (1848–1858)
  • Acta Borussica Band 4/II (1848–1858)
  • Günther Höpfner: Nees von Esenbeck (1776-1858) - ein Deutscher Gelehrter an der Seite der Arbeiter. In: Beiträge zur Nachmärz-Forschung. Christian Gottfried Nees von Esenbeck, Carl Georg Allhusen. Dokumentation zur Bibliothek von Wilhelm Wolff. Beiträge von Günther Höpfner, Waltraud Seidel-Höppner, Boris Rudjak / Maja Dvorkina. Trier 1994, S. 9–102 ISBN 3-86077-206-6