クリスティアン・パンダー (動物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Christian Heinrich Pander

クリスティアン・パンダークリスティアーン・ハインリヒ・パンダーロシア語: Христиан Иванович (Генрих) Пандер, Christian Heinrich Pander, 1794年7月12日 リーガ - 1865年9月10日 ペテルブルク)はラトビア出身の動物学者。レオポルディーナ加盟[1]

発生の研究によってよく知られており、発生学の創設者の一人とされる。

著作[編集]

  • "Beiträge zur Entwicklungsgeschichte des Hühnchens im Eie", 1817

脚注[編集]

  1. ^ 会員(1818年)” (ドイツ語). www.leopoldina.org. ドイツ国立科学アカデミー・レオポルディーナ. 2020年3月7日閲覧。

関連項目[編集]