クリスティアン・レル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クリスティアン・レル Football pictogram.svg
Lellkoeln.jpg
名前
ラテン文字 Christian Lell
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1984-08-29) 1984年8月29日(33歳)
出身地 ミュンヘン
身長 183cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 TSVヴェイアルン
ポジション DF
利き足 右足
ユース
0000-1998 ドイツの旗 アレマニア・ミュンヘン
1998-2001 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2010 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘンII 70 (2)
2003-2010 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン 65 (1)
2004 ドイツの旗 1.FCケルンII (loan) 8 (0)
2004-2006 ドイツの旗 1.FCケルン (loan) 42 (1)
2010-2012 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 61 (1)
2012-2014 ドイツの旗 レバンテ 26 (2)
2015- ドイツの旗 ヴェイアルン 4 (1)
代表歴
2003-2004 ドイツの旗 ドイツ U-20 6 (0)
2004 ドイツの旗 ドイツ U-21 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年10月25日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリスティアン・レルChristian Lell, 1984年8月29日 - )は、ドイツミュンヘン出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー (ライトバック) 。

選手経歴[編集]

FCアレマニア・ミュンヘンでサッカーを学んだレルは、1998年にバイエルン・ミュンヘンのジュニアチームでポジションを獲得。3年間プレーした後、2001-02シーズンにバイエルン・ミュンヘンのリザーブチームでデビュー。そのシーズンはレギオナルリーガで10試合に出場した。それから2シーズン後、2003年10月4日のヘルタ・ベルリン戦でミヒャエル・バラックに代わって84分から出場、ブンデスリーガデビューを果たした。2003-04シーズンは、トップチームの一員として3試合に出場した。

2004年から2年間ツヴァイテリーガに属していた1.FCケルンへレンタル移籍。しかし、4-2で敗れたSVヴァッカー・ブルクハウゼン戦以降はあまり出場機会を与えられなかった。シーズン2度目のSVヴァッカー・ブルクハウゼンとの試合で得点を決めて以降は、DFBポカールにも2試合に出場。リーグでも8試合に途中出場した。ブンデスリーガに昇格してからも出場機会に恵まれ、特にシーズン後半はスターティングメンバーにも名を連ねた。

バイエルン・ミュンヘンに復帰した2006-07シーズンは、トップチームで12試合、リザーブチームで8試合に出場。翌シーズンは、ライトバックでレギュラーとして出場していたウィリー・サニョルの離脱によって29試合に出場し、ブンデスリーガ初ゴールも挙げた[1]。その他にもDFBポカールに8試合に出場し、UEFAカップでは11試合に出場、得点も挙げた。しかし、2009年にルイ・ファン・ハールが監督に就任すると、レルは再びリザーブチームへと追いやられてしまった。

2010年6月23日ヘルタ・ベルリンへと移籍。

2012年5月15日、ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦のセカンドレグで、相手選手への暴行と審判に対する侮辱行為を行い、ドイツサッカー連盟より6試合出場停止処分を受けた[2]。結局チームは2戦合計3-4(1stレグ1-2、2ndレグ2-2)で敗退し、2部に降格した。

2012年8月11日スペインレバンテUDと1年契約を結んで移籍した。

2015年9月1日、TSVヴェイアルンと契約[3]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

1.FCケルン
バイエルン・ミュンヘン

脚注[編集]

  1. ^ Ten-man Reds come from behind for crucial winFC Bayern Munich
  2. ^ ヘルタ、コビアシビリに1年間の出場停止処分goal.com 2012年6月2日閲覧
  3. ^ Ex-Bayer Christian Lell wechselt in die Kreisklasse”. Weyarn: tz (2015年9月2日). 2016年4月29日閲覧。(ドイツ語)