クリスティアン (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=エーレ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリスティアン・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=エーレ
Christian von Schleswig-Holstein-Sonderburg-Ærø
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=エーレ公
在位 1622年 - 1633年

出生 (1570-11-26) 1570年11月26日
死去 (1633-06-14) 1633年6月14日(62歳没)
配偶者 カタリーナ・グリーベル
子女 ゾフィー
家名 ゾンダーブルク家
父親 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公ハンス
母親 エリーザベト・フォン・ブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲン
テンプレートを表示

クリスチャンまたはクリスティアンデンマーク語:Christian af Slesvig-Holsten-Sønderborg-Ærø;ドイツ語:Christian von Schleswig-Holstein-Sonderburg-Ærø, 1570年11月26日 - 1633年6月14日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク=エーレ公。エーロ(エーレ)島の支配者。

生涯[編集]

クリスティアンはシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公ハンスとその最初の妃であるブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲン公エルンスト3世の娘エリーザベトの長男で、1622年に父が死ぬとその遺領の一部であるエーロ島を相続した。父はエーロ島内の3つの荘園、グラーステン(Graasten)、セビュアー(Søbygaard)、グスアヴェ(Gudsgave)を統合しており、クリスティアンの居所はグラーステンにあった。クリスティアンは1624年に教会から土地を買い取り、荘園を開いた。クリスティアンはまたストラスブール司教の地位を得ようとしたが、実現しなかった。

クリスティアンはカタリーナ・グリーベル(1570年 - 1640年)と貴賤結婚し、間にゾフィー(1600年 - ?)という娘をもうけた。クリスティアンは後に、妻にエーロスケービンデイロ島に建てられた二つの大邸宅を与え、また免税特権も授けている。カタリーナは夫が死ぬと領地管理人のペザー・ピレアーと再婚した。クリスティアンの領地は4人の弟たちが相続した。