クリスティン・エングヴィグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

クリスティン・エングヴィグ(Kristin Engvig)は、ノルウェー出身のヨーロッパ社会起業家である[1]

女性による国際的なネットワークを構築することを目的としたウィン・カンファレンスの創始者およびCEO、欧州ビーコープ株式会社の取締役を務める。彼女は有名な思想的リーダーであり、スピーカーであり、モディレーターであり、WINの活動と女性のリーダーシップジャーニーの進化の原動力となっている。

社会起業家のパイオニア[編集]

1997年、彼女はミラノのJPモルガンシティバンクで働いた後、Women's International Networking(WIN)を始めました。 WINは当初、国際女性協会の傘下組織として、また将来のリーダーを育成するための学習プラットフォームとして設立されました。彼女はミラノ国際社会に参加し、世界中で働く女性を支援する機会を見つけました。

1998年、SDA Bocconi School of Managementの支援と熱心なボランティアと企業のグループの支援により、最初のウィン・カンファレンスが誕生しました。

2002年にWINで、その一部であった国際女性協会がPWNパリに加わり、イニシアチブの成功に貢献する欧州専門職女性ネットワーク(PWN)を作成しました。その瞬間から、WINは思考リーダーシップ、ウィン・カンファレンスのグローバル化、企業の学習イベントに力を入れ、PWNはネットワークに関係する活動の一部を継続しました。

2010年、クリスティンは、1904年に設立、ジュネーブに本拠を置く国際女性同盟IAW)にて受賞しました。国際女性同盟は、国連経済社会理事会との一般的な協議状況にあります。

国際的トレンドを作った女性たち[編集]

1990年頃、日本人女性初の投資銀行員(インベストメントバンカー)が米国野村證券にて伊藤澄子が誕生した。

1997年代、クリスティンがウィン・カンファレンスを設立した頃、1998年ゴールドマンサックスストラテジスト、及び副社長であるキャシー松井が経済紙の中でウーマノミクスを発表した。

社会への影響[編集]

2019年12月フィンランド共和国では首相サンナ・マリンフィンランド社会民主党)が率いる世界初の女性多数政府が誕生した。(19名中12名)

2019年6月国際労働機関ILO)は、ウィン・カンファレンスの出席者である女性の働きかけにより、職場での暴力やハラスメントを全面的に禁止する初の国際条約を採択した。従業員や就職活動中の学生など幅広い関係者へのセクシュアル・ハラスメントセクハラ)や嫌がらせを禁じ、政府や雇用主に対策を講じるよう求めた。

近年の活躍[編集]

2020年2月 ダボス会議に出席。

2020年1月 フォーブスが主催するウィメンズ・アワードにてキーノートスピーカーを務める。

2019年12月 TEDxLausanneWomen 2019 – BOLD + BRILLIANTにてMCを務める。

2019年2月 ダボス会議に出席。SAPにより招待を受け、持続可能な開発目標 の目標5についてスピーカーを務める。

2018年11月 ノーベル賞受賞式典に招待される。

環境への配慮[編集]

クリスティンは度々TwitterやFacebookにて自然環境に対する取り組みについて欧州での記事を紹介し、気候変動(Climate change)にとても関心がある。長年のスポンサーであるShell Oil CompanyのCEO ベン・ヴァン・バーデンが化石燃料に変わるエネルギーに投資する意向をホームページで発表したことを受け、彼女も同意の方向性を明示した。

脚注[編集]

  1. ^ Kristin Engvig”. WINConference. 2020年2月8日閲覧。