クリスティン・チェノウェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリスティン・チェノウェス
Kristin Chenoweth
Kristin Chenoweth
アリゾナ州フェニックスのイベントにて(2018年3月)
本名 Kristi Dawn Chenoweth
生年月日 (1968-07-24) 1968年7月24日(50歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オクラホマ州ブロークン・アロー
身長 150cm
職業 女優歌手
ジャンル ポップ・ミュージック
ブロードウェイ・ミュージック
ジャズ
活動期間 1992年 - 現在
活動内容 ミュージカルテレビドラマ映画
公式サイト officialkristinchenoweth.com
備考
【レーベル】
ソニー・ミュージック
コンコード・レコード

クリスティン・チェノウェス(Kristin Chenoweth, 1968年7月24日 - )は、アメリカ合衆国出身の女優歌手

主に、ブロードウェイミュージカル女優として活躍。オペラ声楽を学び、ポップス、オールド・スタンダード、賛美歌などを幅広くこなし、歌手としても活動している。身長は150cmと小柄。

略歴[編集]

2010年のショー

1997年に「Steel Pier」でブロードウェイ・ミュージカルの舞台を初めて踏む。このショウでの演技が認められ、シアター・ワールド賞を受賞する。1999年の『きみはいい人 チャーリー・ブラウン』のサリー役で、ブロードウェイ・ミュージカル2作目にしてトニー賞を受賞[1]、その他ドラマ・デスク賞なども総なめにした。

その後は、コメディ舞台「Epic Proportions」やテレビのミュージカル作品などに出演。2001年の夏にNBCで主演のコメディシリーズ「Kristin」が6話分放送された。ロンドンのウエスト・エンドではサム・メンデス演出の「Divas at Donmar」に出演。2003年からはこのシーズンの一番の話題となっていた『ウィケッド』のグリンダ役によってNYタイムズを始め批評家から絶賛を浴び、二度目のトニー賞候補にもなった。

『ウィケッド』を降板した後は、人気テレビドラマシリーズ『ザ・ホワイトハウス』に2004年秋からのシーズンより出演。映画界にも活動の場を広げ、『奥さまは魔女』(ニコール・キッドマン主演)、『ピンクパンサー』(スティーヴ・マーティン主演)等に出演した。また、ABCのドラマシリーズ『プッシング・デイジー 〜恋するパイメーカー〜』のオリーヴ・スヌーク役を演じ、エミー賞助演女優賞を受賞。現在ダスティ・スプリングフィールドの伝記映画への出演が決まっている[2]

2015年6月7日に行われた第69回トニー賞英語版の司会をアラン・カミングと務めた。

歌手としても活動しており、2016年の時点で6枚のアルバムを発表している。

主な出演作品[編集]

舞台[編集]

  • Steel Pier (1997)
  • きみはいい人 チャーリー・ブラウン You're a Good Man, Charlie Brown (1999)
  • Epic Proportions (1999)
  • Divas at Donmar
  • ウィケッド Wicked (2003)
  • The Apple Tree (2006)
  • Promises, Promises (2010)
  • 20世紀号に乗って On the Twentieth Century (2015)
  • My Love Letter to Broadway (2016)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム

  • Let Yourself Go (2001)
  • As I Am (2005)
  • A Lovely Way to Spend Christmas (2008)
  • Some Lessons Learned (2011)
  • Coming Home (2014)
  • The Art of Elegance (2016)

参照[編集]