クリストファー・ノース (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クリストファー・コースン・ノース(Christopher Corson North1970年10月 - )はアメリカのビジネスマンでオンライン小売企業シャッターフライ英語版CEO

若年期[編集]

クリストファー・ノースは1970年10月に生まれた[1]。彼はハーバード・カレッジ経済学の学士号とニューヨーク大学哲学の修士号を持っている[2]

キャリア[編集]

ノースはブーズ・アレン・ハミルトンのメディアとエンターテイメント部門で経営コンサルタントとしてキャリアを始めた。その後ハーパーコリンズ・パブリッシングの副社長と電子出版の総合マネージャーになった。その後ハイパーコリンズカナダのCOOになった。その後彼はPhaidon Pressでグローバルマネージングディレクターを務めた。

彼は前立腺癌の治療のために辞任したブライアン・マクブライド(現在はASOS.comの会長)の後を継ぎ、2011年1月にAmazon UKのCEOに就任した。CEO就任以前はノースはアマゾンUKのメディアビジネスのトップだった。2016年5月31日、彼はオンライン写真専門小売業者シャッターフライのCEOになった[3]

ガーディアン紙によるとノースは「英国小売業界で最も力のある存在の一人」とされている[4]。Evening Standardはノースを2011年のロンドンの最も影響力がある1000人のリスト内に位置付け「ノースは英国小売業界を揺るがしている」と述べた[5]

他の役職[編集]

ノースはBusiness for New Europeの諮問委員会の委員でもある。

参考文献[編集]