クリストファー・レイモンド・ペリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

クリストファー・レイモンド・ペリー(Christopher Raymond Perry、1761年12月4日 - 1818年6月1日)は、アメリカ海軍将校オリバー・ハザード・ペリーマシュー・ペリーの父。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ニューポートでフリーマン・ペリーと妻のマーシー・ハザード[1]の息子として生まれた。 父フリーマンは内科医、外科医であった。1780年、ワシントン郡のロードアイランド州民事訴訟裁判所首席裁判官に任命され、1791年まで務めた。

曽祖父エドワード・ペリーはイングランドデヴォン出身で妻メアリー・フリーマンと1650年頃にセイラムに移住した​。

母方の家系を通じ、リチャード・レイモンド(1602年 - 1692年)とその妻ジュリア(ジュディスとも)の第7世の子孫にあたる。レイモンドは1602年にイングランド・エセックス郡で生まれたと思われ、1629年頃にセイラムフランシス・ヒギンソン英語版らと到着した。セイラムの最初の教会の30人の創立メンバーとして、1629年8月6日付のリストに名前が記載されている。 後にノリッチ (コネチカット州)英語版の創設者、"honored fore-father of Saybrook"となった。[2]

母はまたプリマス知事などを務めたトーマス・プレンス英語版の子孫で、メイフラワー号の乗員、つまりメイフラワー誓約の署名者、ウィリアム・ブリュースター (ピルグリム・ファーザーズ )英語版の子孫にあたる。また、祖母スザンナ・バーバー・ペリー(1697年 - 1755年)を通じ、同じくメイフラワー号のジョージ・スーレ (メイフラワー号)英語版の子孫でもある。

結婚と家族[編集]

1784年8月2日にサウスキングスタウンでサラ・ウォレス・アレクサンダーと結婚した。彼女はアイルランドカウンティ・ダウンで1768年に生まれ、コネチカット州ニューロンドンで1830年12月4日に死亡した。彼女はスコットランド独立戦争の英雄[3][4]ウィリアム・ウォレスの子孫であった。[5]:542人の5人の息子は、すべての海軍将校となった。3人の娘のうち、ジェーン・イーディー・ペリーはウィリアム・バトラー (1790-1850)英語版と、[1] アンナ・マリー・ペリーはジョージ・ワシントン・ロジャース英語版と結婚した。[5]:66 サラ・ウォレス・ペリーは未婚であった。[5]:66

経歴[編集]

アメリカ合衆国の独立の際に民兵に入隊し、私掠船の乗組員になった。二度捕虜になり、アイルランドに収監されている時、妻となる女性に会った。1799年、彼は米海軍大尉に任命された。フリゲート艦USS General Greene (1799)英語版に乗り、この船で息子オリバーは士官候補生を務めた。フランスとの擬似戦争で活躍し、 1801年4月3日の平和樹立法によって海軍から引退した。

ロードアイランド州ニューポートアイランド墓地にあるベルモント・ペリー墓地に埋葬された。

子孫[編集]

著名な子孫として、次のような人物が挙げられる。:[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]