クリストファー・ヴァン・ヒュイゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
クリストファー・ヴァン・ヒュイゼン Football pictogram.svg
名前
本名 クリストファー・ジェームズ・ヴァン・ヒュイゼン
ラテン文字 Christopher van Huizen
基本情報
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
生年月日 (1992-11-28) 1992年11月28日(24歳)
出身地 シンガポール
身長 170cm
選手情報
在籍チーム シンガポールの旗 ホーム・ユナイテッド
ポジション MF
背番号 20
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2015 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 4 (1)
2015 シンガポールの旗 シンガポール・ライオンズXII 3 (1)
2016 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 5 (1)
2016 シンガポールの旗 ヤング・ライオンズ 6 (0)
2017- シンガポールの旗 ホーム・ユナイテッド
代表歴
2014  シンガポール U-21
2015-  シンガポール 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

クリストファー・ジェームズ・ヴァン・ヒュイゼンChristopher James van Huizen1992年11月28日 - )は、シンガポールのサッカー選手。ポジションはMF

経歴[編集]

クリストファーはゲイラン・インターナショナルFCのトライアルを受け、U-16チームに加入した。17歳の時にはSリーグの強豪であるタンピネス・ローバースFCプライムリーグチームに移籍。しかし、2年間の兵役によってウォリアーズFCへの加入は断られ、プロへの夢は潰えたかに思えた[1]

タンピネス・ローバースFC[編集]

その後、メディアコープ・チャンネル5のファースト・イレブンと云う番組での活躍によって[2][3] タンピネス・ローバースFCの監督、ラフィ・アリの目に留まり、Sリーグ、プライムリーグ兼任の選手として二年契約を提示され、同チームに加入した[4]

シンガポール・ライオンズXII[編集]

2015年にはサヒル・スハイミワユディ・ワヒドイズディン・シャーフィクと共にファンディ・アマド率いるシンガポール・ライオンズXIIに加入。これによって「リアリティ番組からの少年」は驚くべき出世を遂げ、代表メンバー入りも考えられるようになった[5]

シンガポール・ライオンズXIIでのデビュー戦は第一試合で途中交代の出場となり、このPDRM FA戦は5-3で勝利した[6]

代表歴[編集]

プロ入りを果たした2014年にはSリーグでの活躍により、リチャード・ボクによってU-21代表に選出され、ベトナムで開かれたタインニエンカップに出場した[7][8]

参考文献[編集]