クリス・アトキンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
クリス・アトキンズ
プロフィール
リングネーム クリス・アトキンズ
本名 クリストファー・アトキンズ
身長 198cm
体重 113kg
出身地 オーストラリアの旗 オーストラリア
Flag of Victoria (Australia).svg ビクトリア州
メルボルン
スポーツ歴 ボディビル
トレーナー クレイグ・コール
ジョージ・ジュリオ
シェイン・トリッキ
WWEパフォーマンスセンター
デビュー 2016年5月12日
テンプレートを表示

クリス・アトキンズChristopher Atkins)は、オーストラリアボディビルダープロレスラービクトリア州メルボルン出身[1]

来歴[編集]

ボディビル[編集]

学生時代よりボディビルで活動[2]2009年5月16日、2009 NABBA / WFF InternationalにてNABBAジュニア部門で1位に選出[3]。10月15日から3日間にかけて行われたINBA Natural Olympiaではジュニア部門で8位という結果に終わった[4]

WWE[編集]

19歳になり、プロレスラーに転向する事を目指して地元であるビクトリア州を拠点とするNAW(New Aussie Wrestling)が運営するジョージ・ジュリオ・ジム、PCW(Professional Championship Wrestling)が運営するPCWアカデミーでトレーニングを積む[2][5]

2015年10月、アメリカのメジャープロレス団体であるWWEとディベロップメント契約を交わし入団[6]。入団後、トレーニング施設であるWWEパフォーマンスセンターにて基礎を学ぶ。

2016年3月12日、WWEの傘下団体であるNXTのNXT Liveにて登場し、セグメントを行う[7]。5月12日、NXT Liveにてプロレスラーデビューを果たし、セザル・ボノーニと組んでオーサーズ・オブ・ペイン(サニー・ディンサ & ギジム・セルマーニ)と対戦するが敗戦した[8]

2017年4月25日、WWEから解雇となった[9]

脚注[編集]

  1. ^ Chris Atkins”. WrestlingData.com. 2016年6月27日閲覧。
  2. ^ a b Aussie Chris Atkins is set to sign with the WWE”. news.com.au. 2015年3月17日閲覧。
  3. ^ 2009 NABBA/WFF International Results”. GMV Productions. 2009年5月16日閲覧。
  4. ^ I.N.B.A. Natural Olympia”. Zbodyfit.sk. 2016年6月27日閲覧。
  5. ^ Learn to wrestle at Australia's premier wrestling school!”. PCWEntertainment.com. 2016年6月27日閲覧。
  6. ^ WWE Announces 19 New Developmental Talents Including Tough Enough Alumni”. WrestlingInc.com. 2015年10月28日閲覧。
  7. ^ Photos of Christopher Atkins’ NXT Debut”. 411mania.com. 2016年3月12日閲覧。
  8. ^ WWE NXT Live Event Results From Bartow (5/12): Manny Andrade Headlines, Carmella, TMDK, More”. WrestlingInc.com. 2016年5月13日閲覧。
  9. ^ More WWE NXT Releases Including Former WWE Tough Enough Winner”. Wrestlinginc.com. 2017年4月25日閲覧。