クリス・アーノルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリス・アーノルド
Chris Arnold
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロングビーチ[1]
生年月日 (1947-11-06) 1947年11月6日(71歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 1965年 ドラフト11巡目
初出場 MLB / 1971年9月7日
NPB / 1978年4月1日
最終出場 MLB / 1976年10月2日
NPB / 1980年11月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・ポール・アーノルドChristopher Paul Arnold, 1947年11月6日 - )は、アメリカ合衆国出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

シトラス短期大学卒業後米球界入り。1971年から1976年まではメジャーリーグサンフランシスコ・ジャイアンツに在籍し、内野全てのポジションを守りユーティリティープレイヤーとして活躍していた[1]

1978年から来日し近鉄バファローズに在籍。背番号は41。180cm、78kgと日本人選手とさほど変わらない体格もあって、同時期に近鉄に在籍したチャーリー・マニエルとは異なり、堅実な守備とシュアなバッティングが持ち味だった。二塁手としてレギュラーで活躍した。1979年のリーグ優勝に貢献、広島東洋カープとの日本シリーズでは最終戦の「江夏の21球」の場面にも登場している。翌1980年は控えに回ることが多かったが、同様にリーグ優勝に貢献した。

1980年のシーズンを最後に近鉄を退団し、米球界に復帰。引退後は再び来日し、米球界から来日する助っ人外国人選手の代理人を務めている[1]。特に最近はタフィ・ローズの代理人として有名。

日本プロ野球に所属した選手を全員五十音順に並べると、アーノルドが最初に来る。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1971 SF 6 14 13 2 3 0 0 1 6 3 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .231 .286 .462 .747
1972 51 93 84 8 19 3 1 1 27 4 0 1 1 0 8 0 1 12 3 .226 .301 .321 .623
1973 49 63 54 7 16 2 0 1 21 13 0 0 0 1 8 0 2 11 2 .296 .400 .389 .789
1974 78 192 174 22 42 7 3 1 58 26 1 1 0 2 15 1 1 27 1 .241 .302 .333 .635
1975 29 45 41 4 8 0 0 0 8 0 0 0 0 0 4 0 0 8 3 .195 .267 .195 .462
1976 60 76 69 4 15 0 1 0 17 5 0 0 0 1 6 0 1 16 4 .217 .286 .246 .532
1978 近鉄 123 431 402 59 110 26 0 15 181 72 5 2 3 5 18 1 3 61 12 .274 .310 .450 .760
1979 116 433 395 57 114 17 4 17 190 65 6 3 3 7 26 1 2 62 12 .289 .336 .481 .817
1980 91 279 254 38 64 8 1 11 107 37 1 3 2 1 22 1 0 57 6 .252 .312 .421 .733
MLB:6年 273 483 435 47 103 12 5 4 137 51 1 2 1 4 42 1 5 76 13 .237 .309 .315 .624
NPB:3年 330 1143 1051 154 288 51 5 43 478 174 12 8 8 13 66 3 5 180 30 .274 .320 .455 .775

表彰[編集]

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 31(1971年)
  • 17(1972年 - 1974年)
  • 15(1975年 - 1976年)
  • 41(1978年 - 1980年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、15ページ

関連項目[編集]